autmfesoji_00


街で見かけた◯◯おじさんについてつらつらと書きなぐるこのシリーズ。

第1回めは……
 
オータムフェスおじさん
 
です。
 
◯◯おじさんっていうのは、通常はSSW(シンガーソングライター)おじさんとかCC(コンカフェ)おじさんみたいに、どこのライブ会場やお店にも”何故か必ずいるよね!”という普遍的かつローカルなあるあるネタを交えて説明されることが多いのですが、シリーズ初回ということで、僕が過去出会った中でもハザードレベルZ級のすんごいのを紹介したいと思います!

 
それは大通公園で起きた
 
札幌市中央区の大通公園で開催されるイベントと言えば、夏のビアガーデン冬の雪祭りが真っ先に思い浮かぶと思うんだけど、実は秋に行われている”オータムフェスト”も、グルメなイベントとして国内外から観光客が目がけてやって来ている人気イベントなんです。

記憶は定かではないけどオータムフェストが始まったのは10年くらい前。

冬が来る前にギリギリ外飲み出来る季節=9月〜10月(夕方になるとまぁまぁ寒いんだが)に大通公園で開催されるグルメなイベントです。

ビール会社がそれぞれの会場を設けるビアガーデンと違って、丁目ごとにテーマを決め、そのテーマごとにフードとかの出店が寄り集まるんだけど、お店の種類も多いし何より道内外の有名なお店が集結するってことで、ビアガよりこっちのが楽しみ!なんていうグルマン(食いしん坊)がいるくらいの人気イベントなんです。

で、僕らのまわりでも”ちょっとオータム気になるよね!”ってことで、ある日有志を募って突撃してみたのですが、そこでとんでもない光景を目の当たりにしたのです。
 
4人がけのテーブルに1人で座る男
 
ビアガーデンでもそうだけど、席取りってのは重要なミッションの一つ。

オータムフェストはカップル率が高めなので、4人がけに1人で座っている人なんかには、どうしても席が見つからないカップルが相席を申し出たりもする。
というかそれくらいコアタイムは席が足りないくらい混雑します。

運良く席を確保した僕たちは、1人が席と荷物の番、残りの3人がお酒やめぼしいフードをゲットしにいくことにしました。

ほどなく皆が戻って来て乾杯!
各種フードを美味い美味いいいながら宴会モードを楽しんでいたのですが、連れの1人がやや怪訝そうな顔をして小声で話し始めました。

「すぐ見るなよ……あそこの席、何か変じゃね?」

見るなと言われたのに気になり過ぎてすぐにそっちを向こうとすると

「いや、マジでヤバいから、絶対今見るな!ちょっとしてから!な!」

と念を押して来ます。

見たい気持ちを抑えて、1分ほど時間を置き自然なフリをして振り向いて見回してみると、
4人がけテーブルに1人で座り、串焼きだかなんかをつまみに晩酌をする1人の作業服風のジャンパーを着たおじさんの姿が目に入りました。

一見すると何ともない光景なのですが、数秒眺めるだけですぐに”何かがおかしい”ことに気づきました。

そのおじさん、左手に何か写真の様なものを持っていて、ビールに口をつけるたびにその写真だかなんだかに
 
ブチュゥゥゥ
 
キスをしてるんです!!!!!
 
写真にキスする


ビール飲む


写真を眺める
 
のエンドレスリピート!

その席からは得体の知れない妖気の様なものが発せられていて、周りの誰もがその異常さに気がつくレベルです。
 

写真に写っていたのは?
 
そうなると俄然気になるのが、写真には何が写っているのか?ということ。

でも、例えば単身赴任で遠く離れた奥さんとか娘さんとかの写真だった場合、そこまでキモがるのも可哀想かなと思った僕は、回り込んで写真に何が写っているのかを見に行くことにしました←

幸いオータムフェスト会場はロの字型に出店が並んでいるので、色々なお店を見て回るふりをして、グル〜っとおじさんの後ろ側に回り込むのも自然に出来ます。

回っている間、美味しそうなザンギや鹿肉のシチューや道産牛のハンバーガーなど、いつもなら飛びついてしまいそうな美食グルメメニューも、全く目に入りません!

道中僕の頭の中は”おじさんの持っている写真”のことでいっぱいです。

第3コーナーを回り、バックストレート。おじさんの背中を視界に捉えました。

一歩また一歩と歩を進めるうちに、おじさんの手元の写真が少しずつ輪郭を帯びて来ます。

おじさんの向こう側には、僕の報告を今か今かと待つ連れの好奇心に満ちあふれた顔が……

おじさんの写真にはどうやら女性が1名だけが写っているようです。

奥さん?いやおじさん(推定50歳)と比べると若いから娘さんかな?

ん?どえらい美人だぞ!このおじさんの遺伝子からこんな美人な娘さんが?

そんなことを考えながらおじさんの横をすれ違い様にバッチリ見てやろうと目を凝らしました。
 
 
え?篠原涼子?
 
 

篠原涼子(爆)
 
 
そうなのです。おじさんが手に持っていた写真には女優の篠原涼子さんが写っていたのです

正しくは雑誌かなんかの切り抜きをパウチしたものだったのです。

つまりこのおじさんは、篠原涼子(の雑誌の切り抜き)を見つめ、篠原涼子(の雑誌の切り抜き)にキスして、篠原涼子(の雑誌の切り抜き)と乾杯していたのでした。
 
愛しさと切なさと気持ち悪さと〜♪
 
大混雑のオータムフェスト会場でしたが、そこだけ誰も寄り付かず、間違って相席を申し出たカップルや女子会も即席移動するという、まるで結界を張ったかのごとくポッカリ浮いて(沈んで?)いたのでした。

そしてこのおじさん、実はその次の年も出没したんだそうです。