escarate_00


”札幌ってエスカレーター右側開けてる人が多いけど、あれイラッとしません?”

 
ある関西出身の知人から同意を求められたことがあります。(僕も育ちは西なものでして)

エスカレーターに乗る際に、どちら側に立つべきか?逆に言えば、急いでいる人用にどちら側を開けるべきか?という問題は関東圏 vs 関西圏のメインカードの一つで昔から折り合わない問題の一つです。

ざっくり言うと、関西圏では右側に立ち左側を開け関東圏では左側に立ち右側を開けるという真逆のルールが定着しています。

それが習慣として染み付いてしまっている人が、出張や旅行や移住の際にこの食い違いに対応出来ず、ついつい反対側に立ってしまったり、進路だと思っている方に人が立っていたりして苛ついてしまったりするわけです。

そういえば、そもそもその右左問題はどこが境界線で入れ替わるのかなと調べてみると……

大阪・兵庫を中心とした関西圏中四国、北陸、九州の一部では右側に立つと答えた人が多く(※)、それ以外の都道府県では左側に立つと答えた人が多かったようです。(※大阪・兵庫・奈良・和歌山・福井・島根・愛媛・徳島・宮崎の9県)

ちなみに北海道では左立ち・右開けの関東型が主流。

参考記事:みんなの声@ドコモのアンケート

こういった地域における風習の違いは、自動車のハンドルとか車線の右左と一緒で、そんなに簡単にどちらかに統一することは出来ません。(ちょっと大袈裟?ちなみに世界的には右立ち左開けが主流だそうです。)
 


まさかの画期的な解決策が!


先日ちょっと飛行機と新幹線に乗る機会があったのですが、羽田空港や東京駅は地下から地上まで複数階の建物なので、当然エスカレーターがどこかしこに設置されています。(それも結構長〜い奴が......)

もちろん東京なので、エスカレーターは登らない人は左側に立ち、開いた右側を急いでいる人が登るという今まで通りの光景を見ることになると思っていたのですが、今年は明らかに違った光景をそこかしこで目の当たりにしました。

それは……
 
左右二列ともみんなが立ち止まったままエスカレーターに乗っている
 
という光景です。

これまでエスカレーターの一段分ってパーソナルスペースのような印象があって、知らない人が同じ段のすぐ隣りにいる光景ってしっくり来ない感が半端なかったのですが、流れているアナウンスに耳を傾けてみると……
 
”安全のためエスカレーターでは歩かないようお願いいたします”
 
そうなのです!今世の中の流れは......
 
”エスカレーターは歩かない”
 
に傾きつつあるようです。

これなら、右だ左だとモメることはありません。

特に空港や駅などエスカレーターで行列ができるような施設の場合、二列にした方が行列の緩和にもなり合理的ですね。

 
ということで……今回のベストアンサーは!
 

Q.エスカレーターってどっちを開けるのが正しいの?
 
A.エスカレーターでは歩かない。混んでいる際には二列になって同じステップに二人とも立ったまま乗るのが主流になりつつある。