motox4_03


◆余分なアプリがないからバッテリー持ちがよい!

諸々の検討を重ね、LINEモバイルと新規契約し、初SIMフリースマホ モトローラ・MotoX4にして10日間が経ちました。

元々android機種を使っていたこともあって、2日目くらいからジャンジャン使っていたわけですが、ここでまず実感したのが


バッテリー持ちが非常によい!


ということです。

前機種(Xperia)は、4年近く使っていたってのもあるんですが、今夏の時点では100%充電して出かけても、家に帰る頃には風前の灯、12時間で残り10%〜20%位しか残っていませんでした。

また、専用クレイドルを使って充電していたのですが、そこからフル充電となると3時間以上充電時間がかかっていました。

なので、夜寝床でスマホをいじってそのまま寝落ちした日には、そこから充電を始めても、支度を終えて家を出る頃にようやく60%とか...


でも、Moto X4は帰宅時でも70%前後残っていて、そのまま家で晩酌をしながらスマホを手元に置いておけます。

モトローラのスマホは、Pure Androidと呼ばれるくらい、余分なアプリが入っていません。

家電メーカーのスマホとかだと、専用のアプリ(しかもアンインストール出来ない)がバンドルされていて、それがいちいち裏周りでこっそり起動して電池やメモリを食っているんです。

Moto X4にはそういった余分なアプリがなく、電池もメモリも快適!=バッテリー持ちもよい!というわけなのです。

さらに充電時間もメチャ速く、朝の支度の30分で75%〜フル充電状態に出来ています。


◆LINEモバイルのSNSフリープランが凄い!

今回僕が契約したのはLINEモバイルのSNSのデータ通信量がカウントフリーになる”コミュニケーションフリープラン”

LINE、twitter、Instagram、Facebookでのデータのやり取り(閲覧、投稿など)が全てデータ通信量としてカウントされないというプランです。

元々ゲームもしないし、YouTubeや動画などはWi-Fi経由でしか利用しないので、上記SNSでのデータ通信量以外あまり使っていなかったのですが、こうして実際の通信量を見てみると...


line_tsuushinryou


10日間で140MBしか使ってないwww

つまり1ヶ月で1GBも使ってない計算です。

ちなみにコミュニケーションフリープランの料金は以下となっていて

   データSIM  |音声通話
 3GB  1,100円|1,690円
 5GB  1,640円|2,220円
 7GB  2,300円|2,880円
10GB 2,640円|3,220円

僕の契約プランはデータSIM 3GB(1,110円)なので、2GB余っちゃう計算です。

しかも、LINEモバイルは500MB(500円)ごとに通信量の追加チャージができる上、余った分は翌月に繰り越されます。(繰り越し分の有効期限は1ヶ月)

そこで、またしても節約のヒントを思いつきました!


◆テザリングすればポケットWi-Fiも要らないんじゃないの?

今僕は、ソフトバンクのポケットWi-Fiルーターを使用しています。

で、これに”月額3696円(7GB)余分に払っている”んです←


前機種Xperiaでもテザリングの機能はありましたが、ドコモの場合まずデータ量あたりの料金が高い&スマホのバッテリー持ちが不安だったので、敬遠していました。


しかもドコモは、2018年秋の基本プランが1GB 2,900円、1GBを超えると自動的に次のプラン3GB 4,000円が適用されるという鬼プラン。(〜5GB 5,000円からいきなり飛んで〜20GB 7,000円。Lパック20GB 6,000円、LLパック30GB 7,000円。ベーシックプランにはパケット繰り越し無し)


でも、先ほども書いた通り、バッテリー持ちも改善された上、余る予定の2GBをちょっとしたテザリングで使い、かつ足りない時は追加チャージを1000円とか2000円しても、ポケットWi-Fiの月額料金を下回る!使い切れなかった分は翌月に繰り越される!


(結論)これはこっちも解約しちゃっていい奴だね!ということで、早々に解約手続きに入ってみようと思います。


LINEモバイル申し込みはこちらから