rectangle_large_81c62449e1c50465c46d9365ff939df6


僕にとってマクロスはガンダム以上にノスタルジックな作品で、バルキリーや戦闘シーンの格好良さ、美樹本晴彦さんの描く女の子のキュートさ、羽田健太郎さんの音楽、飯島真理さんの唄声と、当時サンライズ作品に少し食傷気味になっていた10歳の僕を一気に虜にした。


そして小学6年生の夏休み。” マクロス劇場版 愛・おぼえていますか ”が公開されると聞かされた時には本屋に走って行って、マクロス関連の記事や本を読みあさり、気に入ったものはお小遣いをはたいて買いそろえた。


1学期が終了し、さあ今この時から夏休み。劇場へはいつ足を運ぼうかと、終業式でも帰りの会でもそのことばかり考えていた。
もらったプリントや夏休みの宿題教材などを鞄に詰め込んでいた僕のところに女の子がやってきました。

「◯◯くん、マクロスの映画見に行くの?」

確かに仲のよい友達なんかには、僕がマクロスが好きだってことはばれていたとは思うけど、クラスの女子にはあまりあからさまにしてはいなかったし、どちらかというと休み時間に教室の真ん中でやっていたプロレスごっことかキン肉マンごっことか北斗の拳ごっことかのほうが、周知されてしかるべきだし、そもそもクラスの女子に僕の好きなものが知られるような状況なんて想像すらしていなかった。


いきなり女子に声をかけられて、そんな事に思いを巡らす余裕もなく一気にテンパってしまい、反射的に

「あぁ、勿論行くよ。愛宕劇場だろ?」

と答えてしまっていた。

「じゃぁ、今日一緒に行こ?」

そもそも異性として意識していなかった彼女が(どういう女子なのか知りたいと思ったこともなかった)、もはや性別を飛び越えて”マクロスに興味のある同志候補”というポジションにいきなり納まってしまった瞬間であった。

マクロス好きなら、誰よりも先にというか、女子よりは先に観ないと名が廃るだろうと、訳の分からない理屈にとらわれて、結局終業当日に一緒に観に行くことになった。

何時からやっているか新聞で調べた上で、一度家に帰って僕の家に集合と言うことになった。

彼女は初めて僕の家に靴を脱いで入った異性となった。
(勿論親戚とか親の知り合いの子とかは家に来たことあるけど、僕だけの繋がりでってのは初めてだった)


時間を確認すると結構すぐだったのでそのまま自転車に乗って、家から10分もしない愛宕劇場へ向かった。その間何か話したかどうかは、今では全くおぼえていない。

当時アニメ映画は今ほどのヒットコンテンツではなく、ヤマトやガンダムだけが異常事態であって、まさかそれから30年もあとの現代において、世界中の老若男女を巻き込むビジネスのメインストリームの一つとなるとは、誰しもが想像していなかったわけで、そして愛宕劇場はそれがわかるかのようなぼろい劇場だった。

入場料金を払い、中に入って席を確保し(というか席はガラガラだった)僕はいつもそうしているように、コーラとチョコフレークを買ってきた。
学校では一度も嫌がってかけなかった眼鏡も、この時ばかりは当然のごとく装着した。準備は万端。

隣の彼女のことは気にも留めず、画面を一度も見逃さないように前を見つめ続けた。

オーケストラの重厚な音楽、真っ暗闇から徐々に現れてくるマクロス艦。演出、ディティール、配色...

その全てが今までのどんな作品よりも凄かった。

確かにTV版のマクロスは、予算とかスケジュールとかの都合で、作画のレベルが最高↑な時と最低↓な時との差が激しく、ともすれば観るのを辞めたくなるくらい期待を裏切られることも多かったけれど、自分の中ではポストガンダムになりうる逸材だと勝手に上から目線で毎週見守って来ただけあって、もう劇場版オープニングのそれを観た時にはこみ上げそうになってしまっていた。

オープニングからミンメイのコンサートシーン、宇宙での戦闘シーン、と矢継ぎ早に展開して行く。

初っぱなから圧倒されすぎて喉がからからになってしまった僕は、瓶コーラを一口飲んで、ひと呼吸ついた。

すると横から彼女が小声で

「一口頂戴」

と僕の手から瓶のコーラをそっと取り上げ、口を付け、戻した。

一瞬のことで、何がおこったのかすぐには理解できなかったけども、要するに”間接キス”だ。
顔を画面の方に向けながらも、横目で彼女の唇に気を取られてしまっていた。が、次の瞬間予想だにしなかったシーンに突入する。

劇中でアイドル歌手役であるリンミンメイのシャワーシーンだ。ていうか全裸。
上半身から映していって、くるくるとカメラは回り最後には、全身ヌード(しかもこっち向き)

後日、高知東宝でアンコール上映された際には満員の観客がこのシーンで一斉にワッと声を上げたくらい、”アニメ=子供向け”と思われていた当時は衝撃的だったんだと思う。

ごくっ

思わず唾を飲み込んでしまった。

クラスの女子にエッチなシーンをガン見するような男子だとばれやしないかと思いながらも、眼が離せず、さも”作品を観る一貫ですけど何か?”と平静を装っていたところに彼女が急に

「ちょっと眼鏡貸して」

と大事な眼鏡まで取り上げられてしまった。

さっきのコーラの件から、僕の中で急に異性のカテゴリーに引越して来た彼女に、僕は嗜められているような気がして、ここから先は眼鏡を返してくれとも言えず眼を凝らし凝らし観ていた。
(ある程度劇が進んだところで眼鏡は返してもらえたんだけど)

TV版で消化不良だった演出も劇場版ではきっちりまとめられて、僕の初めてのクラスの女子と映画鑑賞するというイベントも終わろうとしていた。

今もって冷静に考えればフラグ立ちまくっているこの状況にも全く気づかず、逆に僕の方が彼女のことを片想いするようになってしまい、今以上に鈍感で勘違いで独りよがりだった当時の僕の恋は成就することはなかった。

でも、いまでもこの劇場版のDVDを観ると、あのとき彼女には僕がどう見えていたのかな?と思いを馳せながら、この小さな恋の記憶を呼び覚ますのです。