ファミスタって結局どのチームが強いの?っていう疑問がふと湧いたので、各バージョン(初代86〜92)におけるデータや戦い方、チームランキングまでを自分用メモとして公開。


ファミスタ虎の巻 年度別リンク
86878889909192


いきなり結論から書くと、ファミスタ87

L>D、G>B、C>R、T>F、W、S>N

の順で強い。(対人対戦時。1試合制投手4人登板可とする)

ファミスタ87は打順の入れ替えがないので、オーダーに関してはどこに代打を出すか?だけに注力すれば良い。

得点力の高い選手は初回から出したほうが良いので、バランスなどを加味してどこに差し込むべきかも記述した。


ファミスタ87に関してはこちらの記事もどうぞ

選手DATAの見方
野手 打席 打率 本塁打 走力
投手 投法 防御率 球速 体力 右 左 下

★スタメン・投手リレー

Gチーム(長打10、走力6、投手9)

野手
1左 こまだ  左.266|16|10
2遊 こうの  右.262|6|15→まつもと
3中 くろまて 左.308|34|7
4三 たつのり 右.302|36|7
5右 よしむら 左.320|28|10
6二 しのすか 左.324|8|6
7一 なかはた 右.314|12|7
8捕 やまくら 右.270|20|4

代打 おかさき 左.256|4|8
代打 まつもと 左.266|4|16
代打 にむら  右.240|2|8
代打 かつら  右.248|2|10

(攻撃陣)相変わらず機動力はない。また全体的に高スペックな選手が多いため代打の必要もないが、微差を追い求めるならこうのをまつもとに代えてもよい。

投手
先発 くわた  右2.32|145|45|9 6 6
先発 えがわ  右3.32|143|35|16 3 4
抑え すみ   左下2.96|130|15|2 10 2
抑え かとり  右下2.68|135|15|12 4 6

(投手陣)まきはらのかわりに安定感抜群のくわたが加入。えがわのカーブ、すみ&かとりのWストッパーも健在。

(総評)機動力が低いのでこうのは下げられない。かといって本塁打20本のやまくらも下げられない。
まつもとは代打でもいいかも。投手陣はくわたえがわで終盤まで繋ぎ、すみかとりで締めくくろう。


Cチーム(長打8、走力9、投手10)

野手
1二 しようた 左.302|2|17
2右 やまさき 左.300|10|15
3遊 よしひこ 左.284|16|18
4一 こばや  左.292|24|8
5中 なかしま 左.290|16|14
6三 きぬかさ 右.258|22|8
7左 らんす  左.234|38|6
8捕 たつかわ 右.266|8|5→おさない

代打 にしだ  左.264|4|4
代打 じよん  右.292|6|6
代打 おさない 左.242|14|10
代打 おがわ  右.250|2|9

(攻撃陣)こうじの引退で頼れる4番がいなくなったが機動力と粒ぞろいの打線で何とか得点を稼ぎたい。たつかわはおさないに代えよう。

投手
先発 きたへふ 右3.48|140|40|12 10 6
先発 おおの  左3.04|140|35|4 10 8
抑え かわはた 右3.50|148|15|6 5 10
抑え つだ   右2.84|152|15|3 6 14

(投手陣)つだの球速が回復←きたへふ&おおのの左右のエースの間に速球派のかわはたを挟んで緩急差も演出しよう。

(総評)たつかわをおさないかじょんに変えよう。
長打がないので大量得点には恵まれないが、投手陣は完璧なので、最少失点で抑えよう。


Dチーム(長打10、走力7、投手9)

野手
1中 ひこの  右.262|12|13
2二 にむら  右.262|10|9→おおしま
3一 げいり  左.306|32|7
4三 おちあい 右.350|42|6
5遊 うの   右.272|32|10
6右 ひらの  左.276|8|17
7捕 なかお  右.274|16|13
8左 かわまた 左.272|12|5

代打 おおしま 右.254|20|6
代打 いわもと 右.228|2|13
代打 とよだ  右.224|2|8
代打 こまつさ 右.222|4|10

(攻撃陣)おちあいの加入とげいりの打率アップで超強力打線が完成した。一方で何故かひらのが6番を打つ関係で打順の流れは微妙に。ここは割り切っておおしまを2番で使おう。

投手
先発 こまつ   右2.76|150|45|11 5 8
先発 すきもと 左3.88|140|35|5 13 5
抑え こんど  左3.84|150|15|2 10 5
抑え かく   右2.60|148|15|9 5 10

(投手陣)エースこまつは球速、変化球ともに問題ない。上から順に使って相手打線を翻弄しよう。最終回はかくでシャットアウトだ!

(総評)ひらのの打順が微妙なのが勿体ない。割り切っておおしまを2番で使おう。
投手陣は、すきもと、こんどを上手く使えれば、こまつとかくで十分に抑えられる。

Tチーム(長打10、走力7、投手8)

野手
1右 まゆみ  右.290|26|12
2中 きたむら 右.248|8|13
3一 ばあす  左.332|44|5
4三 かけふ  左.278|26|6
5二 おかだ  右.280|22|8
6左 さの   右.268|12|6
7遊 ひらた  右.270|4|8→やぎ
8捕 きど   右.232|6|6→たお

代打 なかさき 左.262|6|7
代打 たお   左.240|10|11
代打 とまり  右.256|4|10
代打 やぎ   右.232|4|15

(攻撃陣)ややパワーダウンしたと言ってもまだまだ健在?脚の速いやぎとたおを7、8番で使おう。

投手
先発 きいお  右3.72|144|40|10 6 10
先発 なかだ  左3.76|140|35|5 7 6
抑え いのまた 左4.00|135|15|4 7 4
抑え なかにし 右3.24|140|15|12 6 3

(投手陣)きいおの加入で投手陣がかなり整備された。何とかリードしたままなかにしに繋げたい。

(総評)猛虎打線はまだまだ健在?脚の速いたお、やぎを使おう。
投手陣はきいおがかなり良いので、引っ張れるだけ引っぱり、なかだ、いのまた、ピンチにはなかにしを惜しまず投入しよう。

Wチーム(長打7、走力10、投手8)

野手
1二 ゆたか  左.304|12|17
2遊 たかはし 左.238|2|15
3中 やしき  左.294|10|19
4右 ぽんせ  右.312|34|12
5一 かたひら 左.300|16|5
6左 あどち  左.258|24|10
7三 やました 右.244|6|5→ひろかす
8捕 わかな  右.282|4|3→たしろ

代打 たしろ  右.256|20|4
代打 おおの  右.242|10|8
代打 いけのう 右.272|4|8
代打 ひろかす 左.272|4|17

(攻撃陣)ぽんせのパワーアップ&あどちの加入によりパンチ力がアップ。新スーパーカートリオも健在。俊足のひろかす、パンチ力のたしろを加えれば侮れない打線に。

先発 えんど  右3.28|143|45|11 3 14
先発 にうら  左4.28|140|35|7 12 8
抑え なかやま 右5.40|145|15|8 2 2
抑え さいとう 右3.48|143|15|12 6 10

(投手陣)にうら、なかやまの防御率はいまいちだが、総合力に勝るえんど、さいとの存在が大きい。

(総評)前回より攻撃力が増した分、得点が見込める。脚の速いひろかす、本塁打20本の田代をスタメンで使おう。
投手陣も、かなり良いので、上位球団にも勝機は十分にある。


Sチーム(長打9、走力6、投手7)

野手
1中 あらい  左.292|12|11
2二 しぶい  右.238|8|14
3左 すきうら 左.290|24|7
4三 ほおなあ 右.342|46|7
5一 れおん  右.304|26|5
6右 ひろさわ 右.266|18|9
7捕 やえかし 右.274|10|3→わかまつ
8遊 いけやま 右.252|12|8

代打 わかまつ 左.288|12|6
代打 おがわ  右.250|12|6
代打 すみ   右.244|10|10
代打 さくらい 右.276|2|8

(攻撃陣)ほおなあの加入とその前後を打つすきうら、れおんも高打率&20本以上なので打線は強い。一方機動力がかなり低いのでどうしても一発頼りに。

先発 いとう  右4.24|135|40|9 4 2
先発 おばな  右4.16|135|35|8 4 3
抑え やの   左4.64|140|15|3 8 2
抑え たかの  右4.48|150|15|10 2 9

(投手陣)高スペックのたかのがリリーフに廻ったのが何気に痛い。

(総評)ほおなあの加入で、打線に迫力が出た。やえかしをわかまつに変えよう。
投手陣はたかの以外心許ないが、いとうとおばなの間にやのを挟んで、緩急差を演出しよう。


Lチーム(長打9、走力9、投手10)

野手
1三 いしげ  右.284|20|14
2左 よしたけ 左.276|4|14
3中 あきやま 右.254|44|16
4一 きよはら 右.270|30|8
5右 ふこひち 左.254|18|6
6捕 いとう  右.258|12|12
7二 つじ   右.266|4|16
8遊 たなべ  右.240|6|8→ひろはしorあべ

代打 ひろはし 右.292|4|12
代打 あべ   左.284|10|6
代打 かなもり 左.272|6|12
代打 とましの 右.256|8|10

(攻撃陣)前作よりやや打率が下がったがそれでもAK砲の存在感は大きい。全体的に走力も高いので、チャンスメイクしてあきやま&きよはらに回して大量得点を狙いたい。

投手
先発 くどう  左2.64|145|45|4 14 5
先発 ひかしお 右2.80|140|40|12 12 5
抑え かく   右2.84|158|15|9 7 5
抑え わたなへ 右3.32|148|15|9 2 10

(投手陣)大きく曲がるカーブを持つくどう、左右12変化のひかしお、豪速球のかく、速球&フォーク10のwわたなへと4人ともに素晴らしい。

(総評)たなべのかわりに打率の良いひろはしかパンチ力のあるあべを使おう。
投手陣は、全球団1番の出来で死角無し!


Bチーム(長打9、走力8、投手9)

野手
1中 ふくもと 左.284|8|15
2二 ふくら 右.286|10|13
3一 ぶうま 右.332|38|4
4左 いしみね 右.310|34|7
5三 まつなか 左.300|16|15
6右 みのだ 右.266|18|13
7捕 ふじた 右.240|14|6→くまの
8遊 ゆみおか 右.250|6|14

代打 くまの 左.286|12|13
代打 ふじい 左.268|8|10
代打 たかはし 右.270|8|8
代打 もとにし 右.244|4|12

(攻撃陣)ぶうま、いしみねの4番5番は中々の迫力。機動力がないわけではないが、16以上がいないのはやや厳しいのとまつなかの打順が勿体ない。

投手
先発 やまおき 右3.44|144|45|9 8 6
先発 やまだ 右下3.64|138|35|8 10 11
抑え ほしの 左3.92|138|15|6 14 6
抑え ふるみそ 右4.40|138|15|4 8 2

(投手陣)やまだ、やまおきでどこまで引っ張れるかにかかっている。利き腕すら間違われたふるみそは、なるだけ使わないようにしたい。

(総評)まつなかの打順が勿体ない気もするが、それでも強力な打線。ふじたをくまのに変えて機動力アップを優先しよう。
投手陣は安定してタフなやまおき、サブマリンやまだ、大きなカーブのほしのの3人が頼りだ。※ふるみそは本来は左投げ


Fチーム(長打7、走力9、投手9)

野手
1二 しらい  左.258|12|14→にしむら
2中 よこた  左.292|10|14
3右 たかさわ 右.295|14|15
4左 ぶるわ  右.310|28|7
5三 ふるや  右.286|22|14
6一 りい   左.294|18|5
7捕 たむら  右.276|12|6→ふるかわorしまだ
8遊 みすかみ 右.256|10|13

代打 おかじ  左.284|8|6
代打 ふるかわ 右.257|16|12
代打 しまだ  左.270|8|16
代打 にしむら 左.276|4|18

(攻撃陣)走力18のにしむらはトップバッターで使おう。パンチ力のふるかわ、走力16のしまだは好みでたむらorみすかみと代えよう。

投手
先発 にしさき 右3.00|143|40|10 2 4
先発 そう   右3.40|145|40|8 7 8
抑え まつうら 右2.88|140|15|12 5 3
抑え うししま 右2.32|145|15|9 5 14

(投手陣)全体的に防御率&変化球がよいのでそこそこ試合は作れる。特にカーブ12のまつうらとフォーク14のうししまはかなり頼りになる。

(総評)おちあいの抜けた穴はかなり大きい。破壊力はNに次いで低い。割り切ってにしむら、しまだを使おう。投手陣は、4人ともかなり使えるので、最少失点で切り抜けて勝機をつかもう。


Rチーム(長打8、走力8、投手9)

野手
1二 おおいし 右.282|12|17
2中 あらい  左.328|14|13
3左 やまもと 左.268|16|12
4右 かどた  左.302|30|4
5一 でひす  右.334|26|8
6遊 むらかみ 右.248|14|9→おぐり
7三 こうの  右.282|6|14
8捕 やました 右.212|6|7→ささきorすずき

代打 おぐり  左.298|26|7
代打 かとう  左.274|14|5
代打 すずき  右.254|20|10
代打 ささき  左.280|10|16

(攻撃陣)Bチームに抜けられたとはいえ2チーム混合。まだまだ破壊力はある。むらかみを下げるのはややもったいないが、おぐりを積極起用しよう。機動力ならささき、パンチ力ならすずきを8番で。

投手
先発 ふしもと 右3.56|141|40|12 7 2
先発 あわの  左3.24|145|40|4 10 3
抑え やまたか 右4.00|140|15|10 7 7
抑え いのうえ 右3.36|142|15|6 6 6

(投手陣)やや防御率が悪いがその分左右変化のデータは4人とも悪くない。フォークがないのが弱点か?

(総評)Bチームの独立で、かなり打線が変わってしまったが、破壊力はそれなりにある。おぐり、ささき、すずきをスタメンで使おう。
投手陣も、4人とも使えるレベルなので、そこそこ戦えそうだ。


Nチーム(長打6、走力7、投手8)

野手
1中 ぴの   左.260|2|22
2二 るうく  右.250|2|12
3三 たろすけ 右.290|10|6
4一 ぱつく  右.300|20|3
5右 かけきよ 左.280|10|10
6捕 にやむこ 右.280|12|2
7遊 ぎる   右.265|4|8→まっぴ
8左 さんま  右.245|2|14

代打 ぷうか  右.280|8|1
代打 あむる  左.260|10|4
代打 まつぴ  左.260|2|14
代打 かにかに 右.250|4|8

(攻撃陣)パンチ力は全くない。正直ぴのとぱっくだけが頼りだ。

投手
先発 ぴぴ   左4.48|150|40|3 8 1
先発 せひうす 右3.40|135|35|6 6 9
抑え ぼすこ  右下2.40|130|15|11 6 2
抑え きやらか 左下2.80|138|15|14 14 0

(投手陣)前作同様投手陣は相当いい。投法や緩急で投手陣は唾着ながら相手打線を翻弄しよう。

(総評)まっぴを2番で使いたいが、我慢して7番で使おう。打線はぴのの出塁にかかっている。
投手陣はぴぴを先発にぼすこ、せひうすとつなぎ、切り札はきゃらか。

★チーム総合力評価

投高打低によった分、僅かな投手力差が勝敗を分ける。また高打率のスラッガーの人数でかなり得点力に差が出る仕様となっている。

L>D、G>B、C>R、T>F、W、S>N

総合力では、走攻守揃ったL、迫力打線のD、打線投手陣のよいGが3強と言ってよい。続くのは強力打線のB、機動力と投手力に勝るC、続いてR、Tあたりが、上位球団とも勝負出来るライン。


ファミスタ虎の巻 年度別リンク
86878889909192


対人でファミスタどっちが強いか?決めたいって人はこっちも読んでくれよな!