2019年からつけている麻雀メモ。1年間のミスから今年の戦い方の指針を設けてみた。
といっても

「強浮き牌を手放さない!」

「積極的に聴牌を取って攻撃的に!」

「見合わない手から押さない!」


という3つだけ。なるだけ好形になる努力をして、聴牌したら好形時はもちろん、変化に乏しいときも基本は立直しようぜ!ってこと。

さて今月はどうなったかというと...
(毎月月初に更新していたけど、月後半の指針のためにも随時更新にしてみた)


★牌理ミス

・3445789p457m3456s ドラ1ピンフの手
頭探しで4pを切ったが、のちの変化も見て一旦7mだった

・112345788m ドラ1m
6mポン 36と69の比較→ドラ表の一枚分見落として打2m

・門前では厳しいかもな赤ドラドラ3488s123355678m
8sポンして1m切りだったか?

・3対子から対子を落とすときは11234 99なら変化のある1を残す

・577m3r5788p ドラ7m中盤〜終盤のイーシャンテン
4p3枚見え 6m3枚見え 8p1枚見え
素直に3pを切るか、ドラを出さない形で5mを切っておくべき

・4r5678s34556p4555m ドラ4s 何切る?
平面ではどう見ても4m切り、聴牌後の形では5pで大きく出るのもあるが、ドラの縦ヅモまで見れば4mで仕方ないか...


★リーチ判断ミス

・28単騎でリーチするときは、自河によって鳴きが入って枚数が減らないかも一応確認する

・終盤 場況の良さそうな(2枚切れ)カン3s リーチ打てず

★守備ミス

・飛び寸のいるトップ目 2着目の見逃し山越しのケアを高める
飛び寸の条件ある場合は高打点ヤミもケア

・南三局 ラス目との点差をよく確認せずに高め8000の喰いタンから放銃
→残り二人は降り気味だった。この見落としが特にヤバい)
→オーラス、和了りラス回避から打点を見すぎて聴牌&和了り逃しの無駄ラス

・2軒リーチ 海底前牌をチーして三倍満ツモられ
→リーチツモ海底で2人ノーテンよりの失点が多い。

・ノーチャンス?の9pよく見ずに暗槓
→後の守備牌の損失&アンコヘッドの柔軟性も喪失

・ドラポンの親の手出しをよく見ずにリーチの現物で親満放銃

・ドラポンへの降り気味から1s切ってマンガン放銃
まだ浅い順目だが捨て牌的にポンテンもあり得たのでキッチリ降り切るべきだった

★オーラスミス

・オーラス、和了りラス回避から打点を見すぎて聴牌&和了り逃しの無駄ラス

・オーラス競ってる2着目 ラス目の混一仕掛けに4sが打ち切れず
3着目がツモって3着落ち。直撃ラス落ちの条件を確認しておくべき

・オーラストップ目 ラスのドラポンに対して、2着目の仕掛けは捲くる点が足りなそう
→オタ風の暗刻落としで回っても良かった

・オーラストップ 3副露 34s99m何を掴んでも押して和了り切る勇気がなかった

2000点和了りトップ1245s3m2334r5788p
仕掛けも考えて1s 裏目の3sは引いてから考えても良かった


★1月の総評

聴牌に添えない&打ってはいけない時に徹底できていないシチュエーションが散見された。
点差や場況を巡目ごとに見返して、誰がどうしたがっているのか?自分にとって好都合不都合になりうるのはどういうときか?をしっかりと確認する事!