2019年からつけている麻雀メモ。これまでを踏まえて今年の戦い方の指針を設けてみた。
といっても

「強浮き牌を手放さない!」

「積極的に聴牌を取って攻撃的に!」

「見合わない手から押さない!」


という3つだけ。なるだけ好形になる努力をして、聴牌したら好形時はもちろん、変化に乏しいときも基本は立直しようぜ!ってこと。

さて1月はどうなったかというと...



★牌理ミス

・3456788s23p45367mドラ3p ドラの縦引きを見ず7m
→どれを切っても良さそうな場面では、「河、場況、安い色」「ドラや赤引き」「亜両面を嫌う」で大体正解。

・3ヘッドは弱い

・赤無しドラ無しノミ手は欲張らない。平場は勿論局回しなら尚更


★リーチ判断ミス

・東2局 12000点持ち 親リーチに両面で追いかけて親マン放銃で飛びラス
親マン耐えるためにダマ?

・嵌2万のジュンチャン即リーチできず

・東2局 40000点からシャボ即リー打てずシャンテンで押して2着落ち

★守備ミス

・赤無しドラ無しノミ手は欲張らずに鳴いて聴牌をとる。平場は勿論局回しなら尚更。

・東3局、北アンコのトイトイ聴牌から中途半端に回って愚形親マンに刺さって3着落ち

・門前打点派の一段目の鳴きに隠し赤ドラあり!

★オーラスミス

・オーラス245568s567p4m xxxからの3sチーしそびれ

・オーラス2467788m3r5889sドラ3m
ラス目の下家が混一気配の仕掛け。8sポンから5800ツモ直トップを見逃す


★2月の総評

面前の見切りが下手。言い換えると速度が合わない時に間に合わずに失点するパターンが多い。
また、手格好に溺れて大局観のない押し引きミスがあった。