2019年からつけている麻雀メモ。これまでを踏まえて今年の戦い方の指針を設けてみた。
といっても

「強浮き牌を手放さない!」

「積極的に聴牌を取って攻撃的に!」

「見合わない手から押さない!」


という3つだけ。なるだけ好形になる努力をして、聴牌したら好形時はもちろん、変化に乏しいときも基本は立直しようぜ!ってこと。

さて今月はどうなったかというと...



★牌理ミス

・2455677m 7mをポンせずチーならくっつき&4556mで好形率高めだった

・ダントツトップの南一局 タンヤオイーシャンテン余り牌発(生牌)2枚切れの南をよく見ずに中抜き

・オーラス 122345799mのイーシャンテン
8m2枚9m一枚切れなので打2mで両面確定&3枚目の8mはチーして2000点の2着狙いすべき

・中盤 2334688m45s4r56p西 ドラ7m
から我慢できずに7mチー。打点は確保したが果たして…

・2233344589 ツモ8のテンパイに気づかず

・2334788s557m11pドラ8s東発から薄い4sチーできず
下家が6pをいきなりポンしかけ。とりあえず薄い4sをチーして断么と役牌のダブルバックで進行しないと普通に聴牌しそうにない。


★リーチ判断ミス

・ドラ表示牌の辺張7s待ちリーチ打てず
筋の4sも河に切ってあり、若干リーチのが優秀か?

・南二局親番36000点のトップ目 赤ドラドラ七対子 東単騎 9p単騎間違える

・7巡目カン8p即リーチできず
取らずも2345m(1mフリテン)でうれしい変化は14mと6pだけ。即リーチすべき。


★守備ミス


・ポンテンにソバテン無し
ドラポンの手出し3s。2sと8sの二択で8sで放銃。どちらかを切るなら2sのが優秀だった。

・副露者の読みに上家の捨て牌を再確認せず
高いとしたらどうか?(ドラアンコや複合役など)も含めて吟味するべきだった。

・ケイテン取りに行って三家和了
満貫放銃より一人ノーテンが得(手牌価値と天秤)
他家が通した牌や筋、手出し牌、牌理上通しやすくてもシャボのケアなどをサボらず追いかける。

・南二局親番微差のトップ目 上下仕掛けあり ドラの発を押した上家をケアしきれず満貫放銃
ダブ南ポンの下家より4P、ドラと切って来た上家の方がケアすべきだった。


★オーラスミス

・ドラ4m ラスが1000点持ちのオーラス マンツモトップだが、ポンテン取るなら44のシャボより45mの両面だったか?

・コールドゲーム目前で69s闇聴5800をリーチ
ゲームセットのチャンスを逃す緩手、時局役満クラスの事故があるかもしれない。


★3月の総評

明らかに高い仕掛け手に放銃する場面が多かった。リーチ受け時同様、終盤や手替わり・副露数で聴牌確率が高いかも?という見立てをもう一段上げておく必要がある。