glosens_03


改正健康増進法の施行で、よくいくお店が次々と禁煙になったり、紙巻きタバコ禁止(電子タバコのみ可)になったりと、喫煙者にとって肩身の狭い状況になってきました。

以前記事にも書きましたが、アイコスやグローなどの高音加熱式の電子タバコのあの焼き芋臭がどうしてもいやで、ニコチンのないマイブルーを試してみたりもしました。

(参考記事)コンビニで買える簡単VAPE「my blu(マイブルー)」を試してみた

低温加熱式ならプルームテックがあるじゃん!っていうご意見はごもっともで、実は知り合いにゆずってもらって試した事もあります。


★プルームテックの嫌なところ

1、充電が面倒くさい

glosens_plmtk


プルームテックはバッテリーを充電するのに一度分解して、USBポートから充電する専用の充電器に装着する必要があります。
micro USBやUSB typeCで直接充電出来るタイプが増えて来た今となってはかなり面倒です。

2、タバコカプセルが余る

プルームテックはフレイバーリキッドの入っているカートリッジとニコチンの入っているタバコカプセルをバッテリーに繫いで使用します。
1箱の中には、タバコカプセル×5とカートリッジ×1がセットになっています。

1回2.4秒を1パフとした回数でタバコカプセルの交換をお知らせする仕組みなので、1パフを深く吸う人の場合、どうしてもタバコカプセルが余ってしまうのです。(これは低温加熱型は全部そうです)

3、吸い口が臭い

以前の記事でも、プルームテックは何故か吸い口からほんのりアンモニア衆と石鹸の混じったような匂いがするという欠点について述べました。

これずっと「唾液が気化した」んだと思っていましたが、今回試しに「新しいカートリッジと新しいタバコカプセル」でも同じ匂いがするか試してみたところ、新品でも変わらず例のアンモニア臭が...

恐らくここからは予想ですが(多分当たってます)「プルームテックのタバコカプセル自体の匂い」が臭いのです。

4、重い
プルームテックはいい意味でも悪い意味でも重厚感があります。

それはそれで悪くはないですが、丸い(転がりやすい)、ペン型(ポケットなどに入れにくい)といった形状と合わせると、この重さは意外と負担に感じます。

5、吸った気がしない
こちらも低温加熱型の宿命ですが、アイコスやグローなどの高温加熱型に比べると喫味や紙巻きタバコ特有のキック感がなく、どちらかというとタバコというよりは「ニコチン入りフレイバーを吸引する」という感じです。

紙巻きタバコの吸えるところはドンドン無くなっていくのは自明なので、僕的にもプルームテック以外の何か?を探していて、こんなものが発売されている事を知りました。


★低温加熱型グローがコンビニで980円で売っていた!

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(B.A.T.Japan)から出た低温加熱型電子タバコ「glo sens(グロー・センス)」です。

glosens_03


今回はスターターキット(真ん中の黒い箱)と二種類の味(メロウブレンドとクリスプメンソール)を購入してみました。

スターターキットの外箱980円とは思えないかっこよさです。どこから開ければいいの?とみんな迷うと思いますので結論から書きますが、何とマグネットでパカッと開くタイプです。

glosens_00

スターターキットに同梱されているのは、グローセンス本体、充電用のmicro USBのケーブル、ACアダプター、収納袋、吸い口キャップ、取扱説明書です。

本体にはダミーカートリッジとダミーポッドがつけられています。ダミーカートリッジは不要ですが、もしノンニコチンでグローセンスを使用したいって時にはこのダミーポッドを使えばフレイバーだけを楽しむ事が出来ます。

glosens_01

ネオポッズ(neo pods)の中身は、フレイバーカートリッジ1個(こちらが味)とポッド3個(こっちがニコチン)が入っています。

箱がゴツいので僕はポッドの方を小分け切りして収納袋に入れて、本体はポケットに入れて持ち歩いてます。

glosens_02


グローセンス本体、プルームテック本体、タバコ(100sロング)の比較。コンパクトさ、軽さではグローセンスの圧勝です。


★グローセンスを吸った感想

プルームテックの最大の弱点「吸い口の臭さ」はマイブルー同様ありません。

ちなみに肝心の味の方ですが、メロウブレンドはやはりというかほとんど味がしません←。

普段はメンソールを吸わない僕ですが、マイブルーの時同様低温加熱型はメンソールなどの味が判りやすいものにした方が吸った感があっていいかなと思いました。


◆コンビニで買える5種のフレーバー

・メロウブレンド・・・レギュラー味。ほぼ味がしない。❌
・クリスプメンソール・・・微甘なメンソール。わかりやすく定番だがもうちょっとパンチが欲しいかも。⭕️
・ドルチェティラミス・・・もっとコーヒー感とかスイーツ感があるかと思ったけど変な甘酸っぱさで美味しくない。❌
・アイスブルーベリー・・・甘さとベリー感清涼感のバランスがグッド。⭕️⭕️
・ゼスティーアップル・・・スッキリした味わいメロウブレンドにほのかな青りんごをプラスした味⭕️

個人的おすすめはアイスブルーベリー。次点がクリスプメンソールとゼスティアップル。


★グローセンス最大の欠点

電子タバコは全般的に「パフ回数=何回吸ったか」で交換や充電を知らせる仕組みになっています。
グローセンスの場合は「合計180パフでカートリッジの交換を知らせる」仕組みです。

これとんでもない阿呆な仕組みです。どうして180 ÷ 3 = 60パフでタバコポッドの交換を知らせる仕組みにしなかったのか?担当者を問いただしたいです。いっそカートリッジだけ売るとか、いっそカートリッジとポッドが一体になった奴を売るとか、誰でも思いつきそうなものですがね...


★グローセンスは有りか無しか?

3m以下の軽い紙巻きタバコユーザーなら「有り」です。

個人的にはプルームテックの吸い口臭がどうしてもいやなので、出かける時には軽くて持ち運びしやすいグローセンスの方を手に取ってしまってます。

アイコスを筆頭に、電子タバコはどんどんバージョンアップされていって便利に使いやすくなっていってるので、グローセンスも改良版が出ると信じてます。

といいつつ、今は10本連続吸いの出来るアイコス3マルチが気になって仕方がありませんが...