2018年春期からチェックしている連続ドラマ。その中でも5つ星&4つ星評価をゲットした当たりドラマを発表順にリストアップ!

最新当たりドラマの予想と視聴レビューを書いています。参考にどうぞ!




★5つ星のドラマ!

◆dele
期待度:★★★★★
視聴評価:★★★★★

本多孝好原作のミステリードラマ。デジタル削除稼業を生業とするケイ(山田孝之)真柴(菅田将暉)の活躍を描く。脚本演出が1話ごとに入れ替わる競作風の造りで、カメラワークは映画さながらの重厚さ。
脚本は、原作も担当した本多孝好、金城一紀(GOSP 警視庁警備部警護課第四係)渡辺雄介(ブラッディ・マンデイ)徳永富彦(相棒シリーズ、警視庁捜査一課9係シリーズ)。
演出は、常廣丈太(BG~身辺警護人~、BORDERシリーズ)瀧本智行(グラスホッパー、はやぶさ 遥かなる帰還)。

(視聴感想)今期NO.1ドラマ。1話完結1時間でここまで魅せるのは奇跡に近い出来。8話全てが粒ぞろいの名作です。詳しくは(単独記事)2018年最高傑作ドラマ「dele」をお読みください。

出演:山田孝之、菅田将暉、麻生久美子
原作:本多孝好(脚本も担当)
脚本:金城一紀、渡辺雄介、徳永富彦
演出:常廣丈太、瀧本智行
放送:2018年7月スタート/テレビ朝日系


★4つ星のドラマ!

◆ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜
期待度:★★★★☆
視聴評価:★★★★☆

ミステリー作家・若竹七海が20年以上に渡って描いてきた「女探偵・葉村 晶シリーズ」初のテレビドラマ化。

(視聴感想)映像、脚本、音楽とハイレベル。今期イチオシ!

原作:若竹七海
脚本:黒沢久子、木田紀生
演出:大橋 守、増田靜雄、中村周祐
出演:シシド・カフカ
2020年1月24日スタート 毎週金曜夜10:00/NHK総合


◆グランメゾン東京
期待度:★★★★☆
視聴評価:★★★★☆

キムタク主演。三つ星レストランを目指す「グランメゾン東京」が舞台。
脚本:黒岩勉(『ストロベリーナイト』『僕のヤバイ妻』『モンテ・クリスト伯』『メゾン・ド・ポリス』『LIAR GAME』)演出:塚原あゆ子(『リバース』『アンナチュラル』『THE GOOD WIFE』)

(視聴感想)いかにもなキムタクドラマだが、金がかかっているので画面・内容的に1話は満足。この先主人公が小突かれながらも突破していく半沢直樹展開が予想されるも継続。
やや御都合主義的な部分も否めないが、久々のキムタク的快作。

脚本:黒岩勉
演出:塚原あゆ子
出演者:木村拓哉、鈴木京香
放送:10月スタート毎週日曜21:00〜/TBS系


◆同期のサクラ
期待度:★★★★☆
視聴評価:★★★★☆

主演:高畑充希・脚本:遊川和彦・演出:明石広人、南雲聖一の『過保護のカホコ』チームのオリジナルドラマ。
大手ゼネコンに入社した新人女性社員が自身の故郷と本土との間に橋を架けるという夢を果たす10年間の物語を1話=1年として描く。

(視聴感想)遊川×高畑の真っすぐなヒロインが今どきにアンチテーゼをぶっ飛ばす図式はカホコと同じ。すでに病に伏しているサクラ(現代)と入社時(10年前)を行き来しながら話が進む分、より泣ける展開に。
仲間と夢をテーマに毎回泣かせる展開で素晴らしかった。欲を言えば島から戻ってリスタートするサクラのドラマをクライマックスで厚めに書いて欲しかった。

脚本:遊川和彦
演出:明石広人、南雲聖一
出演:高畑充希、橋本愛
放送:10月スタート毎週水曜22:00〜/日テレ系


◆まだ結婚できない男
期待度:★★★★☆
視聴評価:★★★★☆

『結婚出来ない男』の続編。主演:阿部寛・脚本:尾崎将也・演出:三宅喜重。

(視聴感想)ナチュラルコメディアン阿部寛の真骨頂。阿部の年齢に合わせて女性陣も妙齢に。最終回まで大きな盛り上がりはないものの安定のクオリティ。

脚本:尾崎将也
演出:三宅喜重
出演:阿部寛、吉田羊
放送:10月8日スタート毎週火曜21:00〜/フジ系


◆歪んだ波紋
期待度:★★★★☆
視聴評価:★★★★☆

塩田武士原作の連作短編小説。「誤報」を出した記者は「誤報」の被害者を救えるのか?

(視聴感想)初回から二回目の引きもよく、良作の匂い。ちょっとくらいかもだけど小芝風花ちゃんを見て補給←かなり重めの内容で「楽しく観る」というタイプではないけれど、メディアの今とジャーナリスト、そして市民の姿をきちんと描けていてしっかりと受け止められた。

原作:塩田武士
脚本:向井康介
演出:佐々木章光、村上牧人、最知由暁斗
出演:松田龍平、松山ケンイチ、小芝風花、山口紗弥加
放送:11月3日スタート毎週日曜22:00〜/NHK-BS


◆ミス・ジコチョー〜天才・天ノ教授の調査ファイル〜
期待度:★★★☆☆
視聴評価:★★★★☆

八津弘幸、徳尾浩司、吉田真侑子3名による作・脚本の、失敗学を専門とする大学教授の視点から事故の背景を描くヒューマンドラマ。

(視聴感想)「私、失敗しちゃった」で噴いた。展開セリフ謎解きとどれもクオリティ高く、面白い!継続。ここのところハズレ知らずのNHK金曜枠。多分に漏れず毎回楽しめた。

作:八津弘幸、徳尾浩司、吉田真侑子
出演:松雪泰子、堀井新太
放送:10月18日スタート毎週金曜22:00〜/NHK総合


◆俺の話は長い
期待度:★★☆☆☆
視聴評価:★★★★☆

主演:生田斗真・脚本:金子茂樹(『プロポーズ大作戦』『ボク、運命の人です。』)のオリジナルドラマ。『もみ消して冬』がイマイチ自分的にハマらなかったがどうか?

(視聴感想)1話目を録画しそびれる。30分2話ずつ構成らしいので気楽に観れるかも?ということで2話目を録画してみる。2話目が思ったより面白かった。最後まで台詞の掛け合いが面白く楽しく視聴出来た。

脚本:金子茂樹
演出:中島悟
出演:生田斗真
放送:10月スタート毎週土曜22:00〜/日テレ系


◆サイン―法医学者 柚木貴志の事件―
期待度:★★★☆☆
視聴評価:★★★★☆

韓国の大ヒットドラマのリメイク。法医学者たちが権力者会に立ち向かう姿を描く。脚本・羽原大介(パッチギ)演出・七髙剛(スペシャリスト)山本大輔(民王)

(視聴感想)善玉の二人(大森、松雪)の方が目が死んでる←メイン級の配役もう少し若いの揃えられなかったのか?アラフォーくらいで?最終回までダレずに引っ張ってきての衝撃的なオチ。そしてそのオチに不自然さもない。久々の予想超え快作。

原作:「サイン」(韓国SBS制作)
脚本:羽原大介
演出:七髙剛、山本大輔
出演:大森南朋、松雪泰子、仲村トオル
放送:7月11日スタート 毎週木曜22:00/テレ朝系


◆これは経費で落ちません!
期待度:★★★☆☆
視聴評価:★★★★☆

青木祐子原作小説のドラマ化。経理部に勤めるアラサー独身女子・森若さんが奮闘するオフィスコメディー。脚本・渡辺千穂(ファーストクラス)

(視聴感想)経理部員の多部未華子が領収書から営業部や広報部の不正を暴く?くだりが痛快で面白い。シリアス度とコメディ度のバランスも良い。継続
最終回まで楽しく観られた。痛快エンタメドラマとしては高評価。

原作:青木祐子「これは経費で落ちません!」
脚本:渡辺千穂
演出:中島悟、松永洋一
出演:多部未華子、重岡大毅
放送:7月26日スタート 毎週金曜22:00/NHK総合


◆凪のお暇
期待度:★★★★☆
視聴評価:★★★★☆

コナリミサトの人気コミックのドラマ化。気弱なヒロインが全てのしがらみを断ち切って人生のリセット。脚本・大島里美(1リットルの涙)演出・土井裕泰(重版出来!)

(視聴感想)高橋一生と中村倫也が黒木華を挟む構図。話自体は面白そう。継続。最終回前までが盛り上がり過ぎたのか?最終回は単館上映の邦画みたいだった。

原作:コナリミサト「凪のお暇」
脚本:大島里美
演出:坪井敏雄、山本剛義、土井裕泰
出演:黒木華、高橋一生、中村倫也
放送:7月19日スタート 毎週金曜22:00/TBS系


◆あなたの番です
期待度:★★★☆☆
視聴評価:★★★★☆

マンションに引っ越してきた新婚夫婦が住人たちの「交換殺人ゲーム」に巻き込まれる姿を描いたミステリードラマ。企画・原案は秋元康、脚本は福原充則(日暮旅人、まかない荘)。

(視聴感想)冒頭の竹中直人のストーリーテラー部分は不要。出だしからトンデモ意地悪住人だらけでこれ2クール見るのしんどいかも...1クール折り返し時に総集編やるからそっから見ればいいんじゃね?的な意見も散見。2話目以降も録画は続ける。
予想通り1クール後に総集編が入る←
総集編含め21話までモチベーションが下がらず観れた脚本力は素直に賞賛したい。最終話は拡大スペシャルでも良かったかもしれない。

原案・企画:秋元康
脚本:福原充則
演出:佐久間紀佳ほか
出演者:原田知世、田中圭
放送局:2019年4月14日スタート 毎週日曜夜10:30/日本テレビ系


◆ストロベリーナイト・サーガ
期待度:★★★☆☆
視聴評価:★★★★☆

誉田哲也の警察小説「姫川玲子シリーズ」を二階堂ふみと亀梨和也のダブル主演でドラマ化。前作までとは違う座組がどうでるか?(脚本は翔んで埼玉の徳永友一)

(視聴感想)スピンオフかと思いきやまんま原作1話を再映像化(今後は映像化してないep中心らしい)。主役以外にも姫川チームや一課の配役や演出がよくも悪くも薄く軽い。テレビ向けのわかりやすさは増した感があるが、ミステリー好きには物足りないかも...2話目で結論出るかも。
2話3話は演出もミステリーよりになっていて好感が持てた。継続。
竹内結子版のが良かったという意見が多かったが、見やすさや今後の展開も含めて期待。(悪いのは小いd...)

原作:誉田哲也『姫川玲子シリーズ』
脚本:徳永友一、ひかわかよ
演出:石川淳一、山内大典
出演者:二階堂ふみ、亀梨和也
放送局:2019年4月11日スタート 毎週木曜夜10:00/フジテレビ系


◆腐女子、うっかりゲイに告る
期待度:★★★☆☆
視聴評価:★★★★☆

NHK土曜の夜ドラ枠。脚本は劇団ロロ、いつ高シリーズの三浦直之。

(視聴感想)とにかく藤野涼子が可愛い←。クイーンの楽曲を使った演出もよく、ドラマとしても見やすい。前回枠の「ゾンビが来たから〜」もそうだが、タイトルで損してる気がする。
とにかく藤野涼子が可愛い(二回目)内容的にも、各回のまとまり的にも出来が良かったと感じた。

原作:浅原ナオト『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』
脚本:三浦直之
演出:盆子原誠、大嶋慧介他
出演:金子大地、藤野涼子
放送局:2019年4月20日(土)23:30〜(NHK)


◆みかづき
期待度:★★★★☆
視聴評価:★★★★☆

森絵都原作の同名小説をドラマ化。学校の用務係でありながら、子供たちに勉強を教えるようになった天才教師と、自由な教育の可能性を塾に見いだした赤坂千明が、塾業界に新たな歴史を刻んでいく姿を描く。
脚本・水橋文美江(「ホタルノヒカリ」)演出・片岡敬司(「精霊の守り人」)

(視聴感想)テンポが良いのと全5回というのがよいよね。ということで継続。構成・内容ともに非常によかった。5回で二人の出会いから老後までを書いているにも拘らず、飛び飛びにもならず厚みや深み、暖かみまでパッケージされており、原作者並びに脚本家の素晴らしさを再認識。

原作:森絵都原作
出演:高橋一生 永作博美
演出:片岡敬司
脚本:水橋文美江
放送:2019年1月スタート/NHK総合


◆リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜
期待度:★★★★☆
視聴評価:★★★★☆

最近流行り?なのかフジ月9のSUITSと丸かぶりのリーガルドラマ。ドクターXの次はリーガルVって嫌な予感がしないでもないが、監督田村直己(ドクターX)と脚本・橋本裕志(ショムニ、ウォーターボーイズ)の新タッグに期待。

(視聴感想)タイトル名の気まずさに色眼鏡的目線で見始めるも、SUITSより断然面白い←テレ朝のドラマは質が手堅いと再認識。継続。エンタメ度は今期トップクラス。面白い!
出演:米倉涼子 向井理
監督:田村直己
脚本:橋本裕志
放送:2018年10月スタート/テレビ朝日系


今日から俺は!!
期待度:★★★★☆
視聴評価:★★★★☆

西森博之の大人気ヤンキー漫画をコメディーメーカーの福田雄一(勇者ヨシヒコシリーズ、アオイホノオ)がドラマ化。キャストも次々と意外な名前が上がっており期待度高め。

(視聴感想)現代劇でのリメイクかなと思ったけど、完全に連載当時の80年代後半ヤンキー。面白かったので継続。福田雄一ノリが千葉のヤンキーにハマって楽しく最終回まで観れた。
出演:賀来賢人 伊藤健太郎
原作:西森博之
監督:福田雄一
脚本:福田雄一
放送:2018年10月スタート/日本テレビ系


昭和元禄落語心中
期待度:★★★☆☆
視聴評価:★★★★☆

アニメのヒットも記憶に新しい落語会を舞台にした雲井はるこ原作の漫画原作をドラマ化。監督はタナダユキ(百万円と苦虫女、ふがいない僕は空を見た)、脚本は羽原大介(パッチギ!、フラガール)。

(視聴感想)一部原作を端折っているとの票もあるが、この話数でスッキリそしてしっとりとまとめていると思う。今期ではトップクラスの良ドラマ。
出演:岡田将生 竜星涼
原作:雲田はるこ
監督:タナダユキ
脚本:羽原大介
放送:2018年10月スタート/NHK総合


◆義母と娘のブルース
期待度:★★★★☆
視聴評価:★★★★☆

バリバリのキャリアウーマン(綾瀬はるか)と血のつながらない娘との20年間を描く。脚本森下佳子・演出平川雄一郎の「JIN-仁-」コンビ。

(視聴感想)とにかく子供時代のみゆき(横溝菜帆)が可愛い!最終回はド〜ン!と飛んでみゆきの結婚式でもよかったかなぁと。でも今期のベスト3でした。

出演:綾瀬はるか、竹野内豊、佐藤健
原作:桜沢鈴
脚本:森下佳子
演出:平川雄一朗
放送:2018年7月スタート/TBS系


◆高嶺の花
期待度:★★★★☆
視聴評価:★★★★☆

野島伸司脚本。華道界を舞台にもも(石原さとみ)の苦悩と成長、愛を描く。数々の名作を生み出してきた野島伸司脚本作品。

(視聴感想)野島伸司の完全新作。途中ドロドロの展開かなと思いつつ。うまく風呂敷をたたむ手腕はさすがです。今期ベスト3。主題歌が「守ってあげたい」だったら5つ星だった←

出演:石原さとみ、峯田和伸、芳根京子、千葉雄大
脚本:野島伸司
演出:大塚恭司、狩山俊輔、岩﨑マリエ
放送:2018年7月スタート/日本テレビ系


◆モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―
期待度:★★★★☆
視聴評価:★★★★☆

ミステリーものが得意な脚本・演出陣が、巌窟王を現代劇化。今期の穴。脚本は黒岩勉(ストロベリーナイト、LIAR GAME)、演出陣も豪華。

(視聴感想)ダメっぽいかもなぁと思いつつ、現代劇にしっかりと変換されていて、脚本演出陣の手腕に感動。
出演:ディーン・フジオカ、大倉忠義、山本美月
原作:アレクサンドル・デュマ「モンテ・クリスト伯」
脚本:黒岩勉
演出:西谷弘、野田悠介、永山耕三
放送:2018年4月スタート


◆やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる
期待度:★★★★☆
視聴評価:★★★★☆

NHKの土ドラは完成度の高い作品が多い。神木隆之介演じるスクールロイヤーは現代の学校問題をどう解決していくのか?脚本は絶対零度シリーズ、ラストホープの浜田秀哉。

(視聴感想)期待通りのNHKドラマクオリティ。よくある旧態然=悪という単純な図式でなく、かつテンポも損なわず、重くなりすぎずに観れた。

出演:神木隆之介、田辺誠一
脚本:浜田秀哉
演出:柳川強、佐々木善春、渡辺哲也
放送:2018年4月スタート/NHK総合


◆おっさんずラブ
期待度:★★★☆☆
視聴評価:★★★★☆

コミカル演出が得意な瑠東東一郎と豆腐プロレスの徳尾浩司がタッグを組むBLラブコメ。

(視聴感想)徐々に女性を中心に話題になり、予想以上に楽しく観られた作品。吉田鋼太郎の枯れながらもすがる中年役が個人的にツボ。
出演:田中圭、吉田鋼太郎
脚本:徳尾浩司
演出:瑠東東一郎
放送:2018年4月スタート/テレビ朝日系


◆ブラックペアン
期待度:★★★★★
視聴評価:★★★★☆

「小さな巨人」制作陣が海堂尊原作の医療ドラマに挑む。メインライターは丑尾健太郎(無痛、TAKE FIVE、小さな巨人、ショムニ2013)。演出は福澤克雄・田中健太(半沢直樹、陸王、下町ロケット、小さな巨人)のコンビ。

(視聴感想)半沢系の”前話の展開をナレーション””最後に決め台詞でやっつける”的な展開がややワンパターンと感じ始めるも、やっぱり最終話まで見てしまった。
出演:二宮和也、内野聖陽、竹内涼真、小泉孝太郎
原作:海堂尊「ブラックペアン1988」
脚本:丑尾健太郎、神田優、槌谷健
演出:福澤克雄、田中健太、渡瀬暁彦、青山貴洋
放送:2018年4月スタート/TBS系


最新当たりドラマの予想と視聴レビューを書いています。参考にどうぞ!