2019年からつけている麻雀メモ。これまでを踏まえて今年の戦い方の指針を設けてみた。
といっても

「強浮き牌を手放さない!」

「積極的に聴牌を取って攻撃的に!」

「見合わない手から押さない!」


という3つだけ。なるだけ好形になる努力をして、聴牌したら好形時はもちろん、変化に乏しいときも基本は立直しようぜ!ってこと。

さて今月はどうなったかというと...


★牌理・鳴き判断ミス

・2235sプラス三暗刻 2sポンでトイトイ三暗刻単騎選択間違えて手詰まる
→単騎テンパイは後の安全度も考える。安全な単騎は出やすくもある。

・白白白23679s発発 中ポン。1枚目の発はスルーか?
→高くならないパターンが多い上、追いつかれた際の手詰まりもありうる。順目が速いなら1枚めスルーもあり。

・三人副露時の加カン。急所のチー防止、符・点パネ
→副露者が多いなら強気で加カンか?

・東一局のドラなし白のみ。白の加カンは無用だったか?
→ドラ2増えるなら1000→5200。ドラ1なら1000→2600、増えずは1000→1300と加カンによる恩恵が低い。副露者の人数や押し返しの様子も探る。元々ドラ1あるならカンもありか?

加カンについて
カン・・・副露者が多い。打点上昇。急所のチー防止。攻撃時のツモ数増
カンしない・・・安い、打点上昇に意味がない。副露者がいない。4枚目の字牌。

・89m78pの789三色の4枚目9p見逃し
→片和了りの枚数をきちんと把握しておく。

・東一局親番 イーシャンテンから切り間違え
→集中力不足。無意味な偽リーパイやモーパイをしない。

・23567m23488p34sのイーシャンテン、終盤聴牌してないのに放銃したら嫌だからと不要の6mを一巡持ってしまった。次順立直がかかり打ち切れず聴牌逃し→僅差で降着。
→明らかに危険な状況以外は自分のテンパイを優先させる。

・6778p445688sのくっつき→二枚目の8sをポンせずに満貫親かぶり
→10巡目以降は渋々テンパイのパターンも考える。


★リーチ判断ミス

・12m辺張落として役あり好形を目指したがはらず

・南場親番二段目のドラ1辺張三万待ちリーチ打てず
ツモればトップに躍り出るし高くも広くもならないので即リーチだった。
→良型変化が望めそうにないなら辺張でも即リーチを打つべき。先制ならなおさら。勇気が足りない

愚形聴牌(特に辺張)
順目や聴牌外し時の好形度(連続系や中ぶくれ系など)打点上昇を見て(というかイーシャンテン時にどうするか考えておく)勇気を持ってリーチをする


★守備・押し引きミス

・対リーチ親番 現物の対子落としのあと22334449p335789mドラ7pに中途半端に中筋の5m切ったあと6mで打ち込み
→親番だしくっつき勝負の打9pだった。たとえドラが7pでも2233444p335mと22334449pでは聴牌率、聴牌時の好形率が圧倒的差。攻めるときは勝負になる形を追う

・かわし手の役牌ポン。浮き牌の4mが対子になった時点で安牌の東と入れ替え。2件リーチで手詰まる
→かわし手は後の安全度も担保する

・片和了りのチャンタ 123789p78s発発 123mチー 親リーを受けて危険牌の4pを受けて発の対子落としで打ち込み
→発を落とすとほぼ和了れない。回るなら他の牌かプッシュすべきだった。
→そもそも鳴いて1000点の手に価値はあったか?

・僅差のラス目。和了りのえらいラス前。親の仕掛けに終盤危険牌の南
→降りてオーラス勝負にかけても良かったのか?親の手配構成をしっかりと予想する。

・発発発r5m999m333888pドラ3m
親の速いリーチに回しながら赤5万単騎で満貫テンパイ。ここにアンコ筋の6pを引いてきて赤5万切りリーチと出たが...
→このままだとほぼ和了れないし、ドラが3mなので6pを通しておけばそのあと萬子周りを引いても3pで回れる
→発のアンコ落としでもタンヤオに移行できる
→6p7p待ちの良さや安め3200点の価値や赤5万で放銃した場合の失点も含め、6pが通ったあとの萬子くっつきのフレキシブルさなどをしっかり吟味したか?思考停止しなかったか?
→手出しツモ切りをよく見ていれば聴牌前の4pがどういう牌だったかもわかったかも?

・親番二向聴 245678m45579p ラフに2m押してマンガン放銃
→聴牌に遠いのに「親だから」という理由で思考停止しない

・ソウズの役役ポンから手出し3s 122sからシャンテンで1sで倍満放銃
タンヤオ含み2446m12288s二枚目の役牌を鳴かせた前に「ドラ色(ソーズ)混一色」に気づいた時点で1sを処理しておく。
二枚目を鳴かれた時点でほぼ撤退の場面。カン3mカン5mあたりはチーできたか?

マンガン以上の混一は聴牌かどうかを常にケア。安全もしくは勝負になるとき以外は迂回


★着順・オーラスミス

・マンガン必要なオーラス。135789p789s678mチャンタ三色の目に気づかず1p打
いっそマンガン縛りなら早めに6mもありか?


★5・6月の総評

集中力不足によるイージーミス、ケアレスミスの多い期間だったように思う。

また、高い仕掛け手(役牌やドラの絡む一色手など)に対する守備意識が薄い。特にドラ色の混一色は1段階くらい警戒する癖を身につけるべき。

辺張待ちにまだ若干のアレルギーが有る。打点が上がりにくい、先制聴牌率が下がると判断した場合は勇気を持って即リーチをするべき。