北海道では地上波<日本テレビ(STV)TBS(HBC)テレビ朝日(HTB)フジテレビ(UHB)テレビ東京(TVh)>に加えてBSが映るならNHKBSをはじめ各局のBSチャンネルで沢山のドラマが無料で観られす。
その中からあくまでも個人的に第1話は録画してみようと思った2020年秋スタートのドラマをピックアップ。録画を辞めたものは追記します!

(注)コロナの影響で放送延期組も多かったので、今回は2020春に加えて夏期ドラマも追記しました。


過去の高評価殿堂入りドラマはこちらにまとめてあります。
 



◆天使にリクエストを〜人生最後の願い〜
期待度:★★★
視聴感想:★★★★

探偵・島田(江口洋介)と助手の亜花里(上白石萌歌)、看護師・寺本(志尊淳)、スポンサーの老女・和子(倍賞美津子)の4人が、依頼人の「最期の願い」に向き合う姿を描く。
原作脚本・大森寿美男(なつぞら、39 刑法第三十九条』)演出・片岡敬司(みかづき、精霊の守り人)

(視聴感想)暗くなりすぎず、軽くなりすぎずのハードボイルド×ハートフルな探偵ものの予感。と思いきや江口板谷夫婦のリスタートの4話で号泣。全5話では(順番も含め)構成が難しいだろうが、4話で上がりすぎてテラちゃん(志尊)の最終話のカタルシス感が若干弱まったのだけが残念。
原作・脚本:大森寿美男
演出:片岡敬司
出演:江口洋介、上白石萌歌、志尊淳
放送:2020年9月19日(土)21:00〜/NHK総合



◆共演NG
期待度:★★★★
視聴感想:★★★★

恋愛関係のもつれから25年前に破局して以来、共演NGとなっていた実力派俳優と人気女優がドラマ共演することになり、互いに火花を散らしつつも25年前のとある映像がきっかけで思わぬ展開に発展していく
監督脚本・大根仁(バクマン、モテキ)。

(感想)大根仁節炸裂の悪ふざけ&テレ東とは思えない豪華キャスト陣。面白い。なんとスポンサーもキリンとサントリーという徹底ぶり。
原案企画:秋元康
脚本:大根仁、樋口卓治
監督:大根仁
出演:中井貴一、鈴木京香
放送:2020年秋22:00〜/テレ東系



◆姉ちゃんの恋人
期待度:★★★
視聴感想:★★★★

27歳、両親・彼氏ナシ。ホームセンターで働きながら、弟3人を養う主人公・桃子。
そんな明るく前向きで、ちょっとガサツな姉ちゃんが、ある日、職場で恋に落ちた!
原作脚本・岡田惠和(ちゅらさん、ひよっこ)、演出・三宅喜重(結婚できない男、嘘の戦争)、本橋圭太(TWO WEEKS、ケイジとケンジ)

(感想)有村架純ドラマは純愛とか悲愛っぽいのが続いた印象でここ数年避けてたけど今回のは明るい&暖かい系かなと思って視聴。ガサツキャラと有村がややマッチしない感はあるが、脇役陣がきっちり固そうなので継続。
こういう時勢なのか優しいドラマで印象に残った。
脚本:岡田惠和
演出:三宅喜重、本橋圭太、宝来忠昭
出演:有村架純
放送:10月27日(火)21:00 〜/ フジ系
公式サイト:https://www.ktv.jp/anekoi/



◆この恋あたためますか
期待度:★★★
視聴感想:★★★

夢破れたコンビニアルバイトに業界最下位のコンビニチェーン社長が急接近!
「一番売れる」スイーツ開発をしながら2人の甘い恋が爆誕する「スイーツ×ラブ」ストーリー!

(感想)森七菜ちゃんが観たいだけで初回視聴したが←脚本演出ともに今秋暫定一位の出来。後述のリモラブの◯倍キャストも分厚い。
こちらも姉恋同様優しい結末。全キャストポジティブエンディング。4点よりの3点。
脚本:神森万里江、青塚美穂
演出:岡本伸吾、坪井敏雄
出演:森七菜、中村倫也
放送:10月(火)22:00 〜/TBS系



◆#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜
期待度:★★★★
視聴感想:★★★

恋愛をサボってきたお一人様の女医(波瑠)がSNSで恋をした。その相手はなんと職場の誰か!?
脚本・水橋文美江(ホタルノヒカリ、みかづき、スカーレット)、演出・中島悟(これは経費で落ちません!、俺の話は長い)。

(感想)キャスト陣が薄いがノリは好み。2回め次第?2回め視聴してみたら意外と←楽しく観れた。
脚本:水橋文美江
演出:中島悟、丸谷俊平
出演:波瑠、松下洸平
放送:10月14日(水)22:00 〜/ 日テレ系



◆先生を消す方程式
期待度:★★★
視聴感想:---

いつも笑顔の謎の教師VS彼に殺意を抱く高IQ生徒たち…。壮絶バトルが開幕!!
原作脚本は鈴木おさむ(「奪い愛、冬」「M 愛すべき人がいて」)、監督・小松隆志(「奪い愛、冬」「家政夫のミタゾノ」)

(感想)主役以外のキャストがかなり弱いが謎と展開が気になるので継続。2回目まで観てこの間の掲示者と同じで田中圭が怒鳴ってるだけなので←録画枠落ち。
脚本:鈴木おさむ
監督:小松隆志
出演:田中圭、山田裕貴
放送:10月31日(土)23:00〜/テレ朝系



◆七人の秘書
期待度:★★★★
視聴感想:---

要人であるボスを支え、組織に仕え、目立たぬことこそを極意とする、名もなき「秘書」たち。“影の軍団”として密かに集められた彼女たちが今、理不尽だらけの日本社会を裏で操り、変えてゆく…!
脚本・中園ミホ(Doctor-X、ハケンの品格)。

(感想)各秘書の立ち位置がやや煩雑だがテンポよく観れた。展開はほとんどスカッとジャパン or 必殺×笑ゥせぇるすまん。懲らしめ方に工夫が足りず、ラスボスのポジションや狡猾さなども微妙。
脚本:中園ミホ、香坂隆史、林誠人
演出:田村直己
出演:木村文乃、広瀬アリス、江口洋介
放送:10月22日(木)21:00 〜/テレ朝系



◆恋する母たち
期待度:★★★
視聴感想:---

柴門ふみ原作の私立のエリート男子校に通う息子を持つ45歳前後の母親たちの人妻としての不倫劇。
脚本・大石静(家売るオンナ、知らなくていいコト)

(感想)浮気パワハラダメ夫だらけのペタペタの柴門ふみ節←。一応2回めも録画予定。仲里依紗が可愛いので←最終回まで観たが最後まで感情移入できなかった。これは原作のせいだろうか?だとしたら柴門・弘兼両巨匠夫婦が心配になる...
原作:柴門ふみ『恋する母たち』
脚本:大石静
出演:木村佳乃、吉田羊、仲里依紗
演出:福田亮介
放送:10月23日(金)22時〜/TBS系



◆タリオ 復讐代行の2人
期待度:★★★★
視聴感想:★★★

その無念な思い、貴方に代わって復讐致しますー元弁護士と詐欺師の2人とと依頼人たちの願いに寄り添い、時に痛快に、時にほろ苦く、時に考えさせられる「復讐劇」
原作脚本・蒔田光治(トリック劇場版、スリル!〜赤の章・黒の章〜)、演出・木村ひさし(TRICKシリーズ、99.9、IQ246)。

(感想)TRICKっぽさ満開だがそれよりも浜辺美波ちゃんの滑舌の悪さが気になる。とりあえず継続。2回目はさらにTRICKだった。毎回最後に父親のネタを小出しにする演出。ある意味「だから私は推しました」の逆パターン。
原作・脚本:蒔田光治、瀧本智行、渡辺雄介、徳永富彦
演出:木村ひさし、山本透
出演:浜辺美波、岡田将生
放送:10月9日(金)22:00 〜/NHK総合




◆35歳の少女
期待度:★★★★
視聴感想:★★★

1995年に不慮の事故に遭い長い眠りについた10歳の少女・今村望美。2020年に目覚めるものの、心は10歳だが体は35歳となり、すべてが変わった世界に戸惑いながらも生きていく成長物語。
脚本・遊川和彦(『家政婦のミタ、過保護のカホコ、同期のサクラ)

(感想)坂口健太郎(29才)のせいか柴咲コウ(39才)のおばちゃん度が強すぎる←遊川先生を信じて2回めも観るがカホコ・サクラ程初回からのカタルシス感がなく不安...→積みドラ化。からの一気視聴。中々気持ちよく進まない一方で、タイトル前の「それはね...」のテーマ出しや、望美の変貌など新しい試みが多く見られてグイグイ面白くなる。
脚本:遊川和彦
演出:猪股隆一
出演:柴咲コウ、坂口健太郎
放送:10月10日(土)22:00 〜 /日テレ系



◆危険なビーナス
期待度:★★★
視聴感想:★★★

東野圭吾原作のミステリー。正義感が強く美女に弱い獣医が、異父弟の失踪をきっかけに妻を名乗る女性に翻弄されながらも、名家の遺産を巡る謎に挑んでいく。
脚本・黒岩勉(『ストロベリーナイト、僕のヤバイ妻、モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-、グランメゾン東京)
演出、佐藤祐市(ストロベリーナイト、絶対零度)、河野圭太(フリーター、家を買う。、マルモのおきて、僕らは奇跡でできている)

(感想)「富豪の遺産」系レトロミステリー。新参者・あな番的展開で毎話容疑者がエンドロールで死んでいくパターンか?と思いきや誰も死なない←。中々盛り上がってこないが果たして...
原作:東野圭吾
脚本:黒岩勉
演出:佐藤祐市、河野圭太
出演:妻夫木聡、吉高由里子
放送:10月11日(日)21:00 〜/TBS系



◆明治開化 新十郎探偵帖
期待度:★★★

近現代日本文学を代表する作家・坂口安吾の原作「明治開化 安吾捕物帖」をドラマ化。“明治版シャーロック・ホームズ”ともいえる特命探偵・結城新十郎による、明治に入り乱れる人間の愛憎に迫るサスペンス時代劇。

(視聴感想)予想よりポップでライトだった。編成時期で連ドラが薄くなるので継続。
原作:坂口安吾「明治開化 安吾捕物帖」
脚本:小松江里子、伊藤靖朗
演出:笠浦友愛、本木一博、岡野宏信
出演:福士蒼汰、内田理央
放送:2020年12月(金)22:00〜/NHK BS
公式サイト:https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/tag/index.html?i=22060



◆一億円のさようなら
期待度:★★★
視聴感想:★★★

直木賞作家白石一文原作。長年連れ添った妻が巨額の資産を隠し持つことを知った五十男が、妻から渡された1億円をもとに見知らぬ土地で自らの人生に向き合う姿を描く。
監修・岡田惠和(ちゅらさん、ひよっこ)

(感想)初回、二回と引きが良く次回を観たくなる。主役の若い頃を演じる二人もよい。十分に面白かったがもう一捻り欲しかった。
原作:白石一文
脚本:渡邉真子
演出:川村泰祐、村上牧人、山内宗信
監修:岡田惠和(脚本監修)
出演:上川隆也、松村北斗、安田成美、森田望智
放送:9月27日(日)22:00〜/NHKBS



◆おカネの切れ目が恋のはじまり
期待度:★★★
視聴感想:★★★

すべて計算通りの「清貧女子」(松岡茉優)と、予定は未定な「浪費男子」(三浦春馬)がひょんなことから同居することになり...
脚本・大島里美(凪のお暇、忘却のサチコ、1リットルの涙)演出・土井裕泰(重版出来!、逃げるは恥だが役に立つ、カルテット)ら。
諸事情により4話に編集し直されたものが放映予定。

(感想)1話目のノリは「これは経費で落ちません」っぽい。ラストの引きで清貧女子・松岡茉優のとんでもない綻びが露見して...
4話で纏めてみせた制作陣・キャスト陣に敬意を評します。
脚本:大島里美
演出:平野俊一、木村ひさし、土井裕泰
出演者:松岡茉優、三浦春馬
放送:9月15日(火)22:00〜/TBS系



◆バベル九朔
期待度:★★★
視聴感想:---

万城目学原作のミステリー小説。脚本家を夢見る九朔満大が、全ての夢が叶うと噂せれる部屋「バベル九朔」に迷い込む。ここに来た人たちは、ここである一言を発すると現実世界に戻るという...
監督・筧昌也(美女缶、素敵な選TAXI、仮面ライダーゼロワン)
脚本・田中眞一(チームバチスタ、みんな!エスパーだよ!)、吹原幸太(ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん、ウルトラマンZ)

(感想)北海道でも2週遅れでSTVで放送開始決定。初回は「なんじゃこりゃ?」以外の感想は無し。30分と手軽に観れるが...2回目次第。意外と他ドラマが落選しないのであえなく録画枠落ち。
原作:万城目学
監督:筧昌也
脚本:田中眞一、吹原幸太
出演:菊池風磨
放送:10月27日(火)26:34〜/STV



◆極主夫道
期待度:★★★
視聴感想:---

おおのこうすけによるウェブコミック原作。
元最凶のヤクザで現主夫業の不死身の龍の日常を描いたハートフルコメディ。
脚本・宇田学(探偵が早すぎる(シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。)
監督・瑠東東一郎(おっさんずラブ、探偵が早すぎる)他。

(感想)原作がショートショート系なのでドラマにしたらどうなることやら...
消去法的に録画枠落ち。
原作:おおのこうすけ
脚本:宇田学、モラル
監督:瑠東東一郎、内藤瑛亮、本田隆一
出演:玉木宏、川口春奈
放送:10月11日(日)22:30 〜/日テレ系



◆DIVER-特殊潜入班
期待度:★★★
視聴感想:---

大沢俊太郎原作コミックのドラマ化。警察内に秘密裏に結成された“D班”と呼ばれる潜入捜査チームの一員を福士蒼汰が演じる。
脚本は「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」の宇田学。

(視聴感想)若干ノリが深夜ドラマ風だがそれなりに面白そう。脇役がそこそこ良さげなので主役の演技だけ浮いて見えたのが気になるところ。
原作:大沢俊太郎
脚本:宇田学
演出:宝来忠昭
出演:福士蒼汰、野村周平
放送:9月22日(火)21:00〜/フジ系
公式サイト:https://www.ktv.jp/diver/



◆キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木
期待度:★★★★
視聴感想:---

江戸川乱歩賞受賞の刑事小説「K2 池袋署刑事課 神崎・黒木」をドラマ化。
生真面目なキャリア刑事・神崎隆一(山田涼介)と破天荒なキレ者刑事・黒木賢司(田中圭)のタッグが、東京・池袋の街で起こる凶悪事件に挑む刑事ミステリー。
演出・山室大輔(いま、会いにゆきます、華麗なる一族)他。

(視聴感想)ノリの軽さ、今となっては不自然なアンチリアリティが功を奏す展開なら良いが...
原作:横関大
脚本:吉田康弘、皐月彩
演出:山室大輔、村尾嘉昭
出演:山田涼介、田中圭
放送:2020年9月11日(金)22:00〜/TBS系



今シーズンは他にも、監察医朝顔2期、相棒19期、科捜研の女20期、ルパンの娘2期、24のリメイクなどが放映予定。


過去の高評価殿堂入りドラマはこちらにまとめてあります。
スポンサードリンク