2019年からつけている麻雀メモ。これまでを踏まえて今年の戦い方の指針を設けてみた。

といっても


「強浮き牌を手放さない!」

「積極的に聴牌を取って攻撃的に!」

「見合わない手から押さない!」


という3つだけ。なるだけ好形になる努力をして、聴牌したら好形時はもちろん、変化に乏しいときも基本は立直しようぜ!ってこと。

さて今月はどうなったかというと...


★牌理・鳴き判断ミス

・2345556s66788m
→ピンフの一役が大きいので赤5mも引きを見て6m

・89m4568s ドラ7m
→好形の手替わりは1種なので一旦テンパイに取る

・東東22245p 6-45p 9-78p ドラ5p
36pの薄さを見て東ポン(オタ風)の2224pに受け直したが、そもそも4pはラス1枚で枚数が増えてない上に守備力が下がっている、赤5pシャボ変化の跳満も逃す

・466s66777888p 9pがフリテン
四暗刻を見てフリテン受けにしてしまった。順目的にもカンチャン(ドラ)でマンガン受けにするべき。出和了りの出来ないシャボ&役満にそこまで価値のない状況

・供託二本の南家 頭はないが二枚目の役牌鳴くべきか?
好形のイーシャンテンでもないので他家が高&速でなければストレートに和了りに向かうべき

・2着以下1000点以内のオーラス 68pの単騎選択 下家の5p早切りを見て一旦6p単騎か?
→その前の57s5678mの時点で7sカンもあったか?

・北北北455679 ドラ9
遅い安いならどこからでも混一に向かうべき。カン8mはもちろん3647mからでも。守備も考えて他色ターツは払って字牌を持つ。守備は北3枚がある。

・白白西西4赤5s 78m ドラ3s
混一に渡ろうとソーズを払ったが白西ともに一枚切れ ピンフを狙って両面2つのシャンテンにするべき?

ドラ3赤赤のイーシャンテン 557p23367sからタンヤオや三色を見すぎて14sの場況の良さを見逃す

・2s2枚切れ 2345678sの三面待ちに4sを引く
→待ち牌の多さから赤の和了りを逃すが147s待ちにすべき

・12334445 xx +浮き牌
 1を切れば3445と浮き牌のくっつき聴牌。仮テンとってもマンズの2356で変化。

・111237899p北北 1p一枚切れ 2枚目の9pのポンは良いが その後の北ポンは安い。→待ちが悪いので見送るべき。守備力も下がる。

・1123s4567899m 9mカラテン待ちとり間違い
→亜両面の待ち選択は端牌の残りを見てから

・親番ダブ東をポンして赤1 23356p1278m ツモ中
ここで安牌を抱えて2pを切ってしまった。9mが3枚見えだが萬子の縦引きなどもあり目一杯構えるべき

・トイトイや赤ドラの3900含み 3万のポンできず

・親リーチハイ底ズラシ損ない


★リーチ判断ミス

・競ってる南場の親番、供託二本を重く見てダマか?

・飛び寸のいる南三親番 14s待ちでリーチしたがツモってもまくらないケースが多く、ダマか?

・親番44579mのタンヤオ系 ドラ7mダマのカン6m
→変化も少なくどちら待ちでもリーチを打つべきだった。ダマのタンヤオならリーチの一翻で補填してのカン8万リーチが圧倒的に優位。

・赤もドラも見えてない場で自信のない待ちでリーチして3副露の跳満に放銃
→南一のトップ目。仕掛けの打点を見積もる&自信のない待ちのひょっこりツモダマや危険牌撤退の可能性を残す?


★守備・押し引きミス

・リーチとドラ色混一、リーチに日和ってマンガン放銃
→どうせ押すなら混一以外、どちらも厳しいなら中抜してでも降りる

・45579xxのイーシャンテンから7をツモ切り
ポンテンや通ってる筋も含めて9が正解

・ドラ東終盤白をポンした対面の河を見ずに索子を打って混一一気通貫のハネマン放銃


★着順・オーラスミス

・3500点差のオーラス 出和了りトップを確定したくて終盤にリーチしてしまった
→聴牌したがトップ以外は降りるかもしれないのでダマ?2本場なのでピンヅモや直でもまくり

・2着争いからリーチ(ラスは1000点)
→なぜリーチなのか?河も含めてどうするのがベストかよく考える

・微差のオーラスでテンパイを急いで無駄に5sカン→カンドラ載せて清一ドラ3ツモられて2着
→チンイツがいる時はカンで跳満や倍満をアシストしてしまうことが多い

・ドラ8万和了りトップ ド終盤のテンパイ568mから無造作に8mで2着順落ち
→5m8mの比較、順目も含めての押し引きや着順落ちのパターンなどを全く考えずに切った

・オーラス和了り2着テンパイ ラス目の親からリーチ、ドラの白単騎に振り込んでラス
→ノーテン差(3000点)以上あれば、流局2着、ツモられ3着(点差によってはまだ2着)でもう1局。これで当たると絶対に2着順落ちという牌だけは切らない!

→オーラス4000点以上差は流局も視野に入れる!
→オーラスは押しも引きも通常時とは違う!これで振ったら高い牌は特にケア!(ドラなど)
→オーラス2着順落ちは悪!3着順落ちは極悪!それだけは絶対に避ける!



★9月の総評

単純な牌理ミスや待ち取りミス、リーチ判断、オーラスにおける2着順落ちなどミスの目立った。
スポンサードリンク