2019年からつけている麻雀メモ。これまでを踏まえて今年の戦い方の指針を設けてみた。
といっても


「強浮き牌を手放さない!」

「積極的に聴牌を取って攻撃的に!」

「見合わない手から押さない!」


という3つだけ。なるだけ好形になる努力をして、聴牌したら好形時はもちろん、変化に乏しいときも基本は立直しようぜ!ってこと。

さて今月はどうなったかというと...


★牌理・鳴き判断ミス

・親番 僅差の南三局 下家の仕掛けよりも好形5ブロックを念頭にドラ辺張を落とすべきだった
→赤マタギ・ドラターツともに落とせない(満貫放銃)ならベタオリもあったか?


★リーチ判断ミス

・23334m23r5s123456pの東発親番、何を思ったか1pで聴牌外し
→リーチピンフのみになるが赤5切って即リーチ!裏1で5800からの加点チャンス

・不穏な場でのピンフのみリーチ
運よく和了できたが親の河も含め五分五分だったかも...

・微差3着目の66788p44678sの一盃口テンパイから6pツモの変則リーチ打てず
→ダマ愚形2000点より一発屋裏ドラも含めリーチの一手。場況点数待ち裏ドラともに明らかな間違い。


★守備・押し引きミス

・東一局対親リーチ。69s待ちの役牌のみ。残り巡目や筋カウントをせずに中抜して降りてしまった
→親リーチは怖いが巡目があって降りきれない&好形聴牌ならある程度は押し切っても良い

・対子落としの東をひっぱりすぎて5800
→ダブ東だけはバックも含めて親の高打点の種になりうるので続けて切っても良い

・ダントツの南2局。リーチとそれに強い牌を通した上家を甘く見てスジの8mでチートイツ3200とタンピン三色ドラドラ12000のダブロン失点
→赤やドラの見え方を確認していればベタオリすべき場面。8m切りは中途半端

・微差のラス 5pが通ったのに34m88s555778pの8sポンテンをスルーして7pで放銃
→リーチ者のピンズの上が濃く自手牌に4枚の58pが本命と思っていたが下家のラス目が5pを通したことで逆にパニクってしまった。

・下家8000点未満からのリーチ、66788pドラ7pのダマから3pを押せず
筋カウント的に見てたとえ本命クラスでも満貫聴牌なら押すべき!


★着順・オーラスミス

・ラス前ダントツから5200打ち込み&オーラス聴牌におぽれて2着順落ちのマンガン放銃
→点差(満直)を確認して降りきれるなら中抜きベタオリも辞さず

・オーラス7700点差の親番 22557sの3900 3着目の現物5sも考えて嵌張待ちが正解
→3枚待ちの筋シャボより嵌張。そのあとの6s引きも6枚待ちのフリテンのが和了れたかも?

・打点が必要なラス前59789m79sの三色目チーテン?
→無意味な1000点より嵌張でもツモ満貫

・オーラス超接戦。南南6777p7889mX 1mポン
和了トップ南バックとトイトイの天秤で安牌&重なりそうなXを持って6pリリーズしたが...
→聴牌チャンス、南ポン時の好形もみておくべきだった

・トップ目との点差確認せず&出和了り7700となる中の大明槓忘れ
→役やドラ以外の条件クリアを忘れない


★10月の総評

今月は手牌やツモの巡りもよく、致命的なミスが露見しなかったが、非リーチ聴牌からの変化や押し引きでのミスがあった。
スポンサードリンク