なまらこじゃんと広報部

born in Kochi , live in Hokkaido 北海道札幌や故郷高知のローカル情報、趣味(ドラマ、アニメ、漫画、映画、野球、麻雀、ファミコン)、ライフハックなどを体験を交えてつらつらと綴っております。

カテゴリ:趣味 > 麻雀

安牌カウンティングとか残り筋カウンティングについて耳にしたことあると思います。いわゆる両面待ちにおいては必ず待ち牌が「1−4|4−7、2-5|5-8、3-6|6-9」の合計6筋× マンズピンズソーズの3種 = 18筋になります。勿論、愚形(嵌張辺張シャボや単騎待ち)と呼ばれる待 ...

今年からつけている麻雀メモ。2019年前半を踏まえて後半の戦い方の指針を設けてみた。といっても「聴牌時には攻撃的に!」というただそれだけ。要するに好形時はもちろん、変化に乏しいときも基本は立直しようぜ!ってこと。さて7月はどうなったかというと...★牌理ミス・233 ...

今年からつけている麻雀メモ。2019年前半の集大成として臨んだ6月でしたが、同じ牌理ミスや高打点確率の高い手に対しての守備ミス。手替わりや終局イメージの欠如から来る立直判断ミスなどを減らし切ることが出来なかった。★牌理ミス・68s124556p西西西 4チー23s(ドラ西) ...

今年からつけている麻雀メモ。1〜4月の反省を踏まえて臨んだ5月期でしたが、ボーンヘッドによるミスや、場況を読み損なったリーチミス。鳴きミス、守備ミスなどの多い月でした。特に、和了率が大幅に下がる急所スルーや、愚形含みヘッドポンなどの鳴きミス。赤ドラの見えてい ...

勘だよりのファインプレイも気持ちいいけど、とにかくミスの徹底排除が上達への近道と思っています。ということで今年からつけはじめた個人メモ。4月も目を覆いたくなるようなミスをしています。★守備ミス・二向聴から親のダマに刺さって7700・親の早いリーチにシャンテン押 ...

オーラスは最終着順を決定する特殊なステージである。着順上昇と降下に対して点数差や自分の手牌、相手の進行状況など刻々と変化していく状況に合わせて判断して打牌を選ぶ必要がある。1、まずは自分の和了を目指すトップ目(もしくは和了トップ)や、ラス目(もしくは微差 ...

「去年の自分をボコる!」を合言葉に自分の麻雀をアップデートし続けて数年。僅かずつではあるが上達に近づいていると実感している。といってもやみくもに知識やテクニックを詰め込んでも、長年染み付いたフォームや牌理のクセを完全に解体するのはお財布が持たないので←、 ...

麻雀において「押し引き」は牌理やリーチ判断と並ぶ大事な要素です。人によっては押し引きが一番大事!という人もいるくらいです。一方で「押し引き」は局面が多様で、その場その場での判断が要求されます。「先制リーチを受けた」「ドラポンや一色手などの満貫以上確定の仕 ...

「ドラはギリギリまで引っ張る」「ドラは恋人」なんていう格言がある。確かに役もドラもない手であれば、何とか打点向上を目指してドラの縦引きやくっつきを目指して行くべきという指針を表した言葉である。では「ドラの放しどき」っていつだろうか?ドラと聞いてすぐに僕が ...

  Twitterのタイムラインにいきなりとんでもないニュースが流れ込んできた。   【情報解禁!】 片山まさゆき先生の麻雀漫画の金字塔「ノーマーク爆牌党」実写映画化が決定!! 爆岡弾十郎役に石田明さん(NON STYLE)、鉄壁保役に矢本悠馬さんのダブル主演! 公式サイ ...

↑このページのトップヘ