凍った道路で転倒事故を起こして数週間したころ、何故だか左脚の調子が悪くなって来ました。

言葉では表現しにくいですが、踏ん張りが利かないというか?歩く時にヒョコッヒョコッとつま先が下がってしまうのです。(垂れ足と言うらしいです)

どうしたもんかな?とその時は

「運動不足だし、腰痛とかヘルニアとかかな?」

と、知人に勧められた整形外科に行ってみるも、腰や膝のレントゲンでは原因がわからず、鍼や整体にいったり、しまいにはまぁまぁオカルトなカイロっぽいところに行ったりする始末。何をやっても全く改善せず、途方に暮れておりました。

血行促進のため!と久しぶりに湯船に入ろうと(普段は朝シャワー派)、片脚をお湯につけると...

「ん?ぬるいな?お湯の温度設定間違ったかな?」

と思いつつ、もう片脚をつけた瞬間

「え?ぬるくない?むしろ熱い!」

とびっくりしてしまいました。そうなのです。先にお湯につけた脚=右脚では温く感じるのに、後脚=左脚では熱いと感じたのです。

あわてて湯船から飛び出し、シャワーのお湯を片脚ずつかけたり、指でつねったりして、感覚を比べてみました。

それでわかったことは

「右脚のつま先から、みぞおちくらいまで、ちょうど身体の真ん中から右側の感覚がない。」

ということでした。感覚がないというか、「痛みがわからない」という状態で押したりしたときの「圧力」的な感覚はあるようです。

片麻痺だ...

ちょうどニュースでベテラン歌手の病気の話題が出ていたこともあって、すぐにある病名が頭に浮かびました。

脳梗塞...

翌朝いの一番で脳神経で有名なN記念病院に駆け込んだのでした。

しかし...

その3につづく