北海道では地上波<日本テレビ(STV)TBS(HBC)テレビ朝日(HTB)フジテレビ(UHB)テレビ東京(TVh)>に加えてBSが映るならBS11やBSフジ、BSTBSなどで沢山のアニメが無料で観られます。

その中からあくまでも個人的に第1話は録画してみようと思った2021年冬スタートのアニメをピックアップ(五十音順)。録画を辞めたものは追記します。


→過去の高評価殿堂入りアニメはこちらにまとめてあります。





◆ワンダーエッグ・プライオリティ
期待度:★★★
視聴評価:★★★

大戸アイは、深夜の散歩中に、「未来を変えたいなら、自分を信じ、エッグを割れ」という謎の声に導かれ『エッグ』を入手し、割る。エッグを割ったアイに待ち受けるものとは。

(視聴感想)チェック漏れで危うく見逃すとこだったけど観れてよかった。映像、音楽も良し!プレ最終話で謎が明らかに!から最終話が弱かった。
原案・脚本:野島伸司
監督:若林信
制作:CloverWorks
放送:2021年1月12日(火)26:34〜/日テレ系、BS日テレ
公式サイト:https://wonder-egg-priority.com/



◆ゲキドル
期待度:★★★
視聴評価:

謎に起きた災害、および世界の同時都市消失から5年。「シアトリカルマテリアルシステム」と呼ばれる、3Dホログラムを使用した演劇に魅了され、光り輝くステージへの道にたどり着こうとする少女たちが現れた。
監督:上田繁(「ロックマンエグゼシリーズ」「新・男樹 」)、制作:フッズエンタテインメント(「DRIFTERS」「聖痕のクェイサー 」)

(視聴感想)Amazon Primeで配信開始されたのでそちらで視聴予定。初回印象よし。継続。積みアニ化。
監督:上田繁
脚本:大知慶一郎
制作:フッズエンタテインメント
放送:2021年1月10日(日)25:30〜/BSフジ
公式サイト:http://gekidol.com/



◆怪物事変
期待度:★★★
視聴評価:

古来よりこの世に潜み、人に見つからないように人と関わり合って生きる〝怪物″(けもの)。東京で怪物専門の探偵をしている隠神(いぬがみ)は動物の変死事件が起きている、とある田舎の村に呼ばれてやってきた。
監督:藤森雅也(「終末のイゼッタ」「ドライブクルクル」)、シリーズ構成:木村暢(「ガンダムビルドダイバーズ」「刻刻」)

(視聴感想)Amazon Primeで配信開始されたのでそちらで視聴予定。初回good!継続。積みアニ化。
原作:藍本松(集英社「ジャンプSQ.」連載)
監督:藤森雅也
シリーズ構成:木村暢
制作:亜細亜堂
放送:2021年1月12日(火)24:30~/BS11



◆天地創造デザイン部
期待度:★★★★
視聴評価:★★★

天地を創造した神は天地や水を造った時点で面倒になって、生き物を造るのは“下請け”に任せることにした。その下請けである「天地創造社」のデザイナーたちが生き物の案を出し、エンジニアが実現可能か検証し、クライアントである神が採用の可否を決定する。
監督:増井壮一(「棺姫のチャイカ」「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」)、シリーズ構成:横手美智子(「げんしけん」「xxxHOLiC」)

(視聴感想)Amazon Primeで配信開始されたのでそちらで視聴予定。初回はシュールで気楽に観れた。継続。
原作:蛇蔵&鈴木ツタ・たら子「天地創造デザイン部」(講談社「モーニングtwo」連載)
監督:増井壮一
シリーズ構成:横手美智子
制作:旭プロダクション
放送:2021年1月8日(金)24:30~/BSフジ
公式サイト:https://tendebu.jp/



◆2.43 清陰高校男子バレー部
期待度:★★★
視聴評価:★★★

東京の強豪中学に通っていた灰島公誓は、幼少期に過ごした母方の郷里である福井県に転校し、幼馴染だった黒羽祐仁と再会するも、衝突し、絶縁状態のまま二人は地元の清陰高校に進学する。福井を舞台に、弱小男子バレー部が全国を目指す熱い青春ストーリー!
監督:木村泰大(「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」)、シリーズ構成:黒田洋介(「僕のヒーローアカデミア」「機動戦士ガンダム00」)

(視聴感想)Amazon Primeで配信開始されたのでそちらで視聴予定。ちょうど春高バレー観たばかりだったので感情移入できそう!継続。
原作:『2.43 清陰高校男子バレー部』壁井ユカコ(集英社文庫・集英社刊・「集英社WEB文芸レンザブロー」連載中)
監督:木村泰大
シリーズ構成:黒田洋介
制作:david production
放送:2021年1月8日(金)12:00更新/
Amazon Prime Video
公式サイト:https://243anime.com/



◆バック・アロウ
期待度:★★★★
視聴評価:

壁に囲まれた世界「リンガリンド」を舞台に、主人公であるバック・アロウが失った記憶を取り戻そうと壁の外を目指していくストーリー。
監督:谷口悟朗(「無限のリヴァイアス」「コードギアス 反逆のルルーシュ」)、シリーズ構成・全話脚本:中島かずき(「天元突破グレンラガン」)

(視聴感想)Amazon Primeで配信開始されたのでそちらで視聴予定。初回のノリ良し!継続!
監督:谷口悟朗
シリーズ構成・全話脚本:中島かずき
制作:スタジオヴォルン
放送:2021年1月8日(金)24:00~ 2クール/BS11
公式サイト:https://back-arrow.com/



◆ホリミヤ
期待度:★★★★
視聴評価:★★★

堀 京子は、クラスの中心的存在ながら実は共働きの両親に代わり、寄り道もせず家事や年の離れた弟の面倒に勤しむ家庭的な高校生。モテ女子とネクラ男子が出逢ったら!︖恋愛、友情。青春が詰まった超微炭酸系スクールライフ!
監督:石浜真史(「新世界より」)、シリーズ構成・脚本:吉岡たかを(「七星のスバル」「WORKING!!!」「ハイスクールDD」)

(初回視聴)Amazon Primeで配信開始されたのでそちらで視聴予定。転生モノや未来ものの多い中、リアル青春モノは貴重。継続。面白かった。若干描き分けがわかりにくいキャラがいた。
原作:HERO・萩原ダイスケ「ホリミヤ」
監督:石浜真史
シリーズ構成・脚本:吉岡たかを
制作:CloverWorks
放送:2021年1月9日(土)24:30~/BS11
公式サイト:https://horimiya-anime.com/



◆Levius -レビウス-
期待度:★★★★
視聴評価:★★★

新生歴19世紀。アガルタ・ウォーター採掘の領有権を争ったフォサニア紛争が終結して5年。あらゆる動力に“蒸気”を用いるこの時代では人体に機械を融合させて戦う機関拳闘なる格闘技が隆盛を極めていた。
総監督:瀬下寛之(「シドニアの騎士」「亜人」)、監督:井手恵介(「亜人」)
シリーズ構成:瀬古浩司(「呪術廻戦」「モブサイコ100」)

(視聴)亜人的浮遊感CGが気になるが、画質も高いので継続。CGもよく、きちんと終わってよかった。
原作:中田春彌(集英社 ヤングジャンプ コミックス・ウルトラ)
総監督:瀬下寛之
監督:井手恵介
シリーズ構成:瀬古浩司
制作:ポリゴン・ピクチュアズ
放送:2021年1月9日(土)25:00〜/BS11
公式サイト:https://levius.net/



◆無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜
期待度:★★★
視聴評価:★★★

「俺は、この異世界で本気だす!」34歳・童貞・無職の引きこもりニート男。トラックに轢かれ命を落としてしまう。目覚めると、なんと剣と魔法の異世界で赤ん坊に生まれ変わっていた!
様々な人間との出会い。そして過酷な冒険と戦い。新しい人生が動き出す!「人生やり直し」ファンタジー、開幕!

(視聴感想)Amazon Primeで配信開始されたのでそちらで視聴予定。転生モノは食傷気味だけど初回は楽しく観れた。継続。
原作:理不尽な孫の手
監督:岡本学
シリーズ構成:岡本学
制作:スタジオバインド
放送:2021年1月10日(日)24:00〜/BS11
公式サイト:https://mushokutensei.jp/



◆弱キャラ友崎くん
期待度:★★★
視聴評価:★★★

埼玉県にある私立関友高等学校に通う高校2年生の友崎文也は、「クソゲー」である人生はほどほどに、ハンドルネーム「nanashi」として「神ゲー」である『アタックファミリーズ』(通称アタファミ)を、日本1位をキープし続けるほどの実力と情熱を持ち、心から楽しんでいた。
シリーズ構成:志茂文彦(フルメタル・パニック、ダンベル何キロ持てる?)

(視聴感想)Amazon Primeで配信開始されたのでそちらで視聴予定。
原作:屋久ユウキ
監督:柳伸亮
シリーズ構成:志茂文彦
制作:project No.9
放送:2021年1月9日(土)22:00~/BS11



◆裏世界ピクニック
期待度:★★★
視聴評価:---

廃屋内の扉から〈裏世界〉を発見した紙越空魚は、くねくねを目撃し命を失う危機に陥り、仁科鳥子に助け出される。後日、大学を訪ねてきた鳥子に、〈裏世界〉の探索に協力して欲しいと請われ、共に〈裏世界〉を調査することとなる。
監督・シリーズ構成:佐藤卓哉(STEINS;GATE、Fate/stay night)。

(視聴感想)Amazon Primeで配信開始されたのでそちらで視聴予定。初回から楽しく観れた。継続。積みアニ化。
原作:宮澤伊織
監督:佐藤卓哉
シリーズ構成:佐藤卓哉
制作 ライデンフィルム × FelixFilm
放送:2021年1月4日(月)24:30〜/BS11



◆EX-ARM エクスアーム
期待度:★★★
視聴評価:---

グランドジャンプ掲載のコミックが原作。
2030年の近未来を舞台に、超常的な能力を持った兵器「EX-ARM」を巡る犯罪組織と警察の戦いを描くSFバトル作品。
監督:木村好克(「チャンネルはそのまま!(実写ドラマ)」)、アクション監督:大内貴仁(「HiGH&LOWシリーズ(実写ドラマ)」)

(視聴感想)とにかく3DCGが二昔前のレベル。視聴枠落ち
原作:HiRock、古味慎也
監督:木村好克
脚本:トミー・モートン
制作:ビジュアルフライト
放送:2021年1月12日/BSフジ

進撃の巨人(ファイナル)」(アマプラ

転生したらスライムだった件(2期)」(アマプラ

Dr.STONE(2期)」(アマプラ

七つの大罪 憤怒の審判

はたらく細胞!!(2期)」(アマプラ

はたらく細胞BLACK」(アマプラ

BEASTARS(2期)」

約束のネバーランド(2期)」(アマプラ

八十亀ちゃんかんさつにっき(3期)」

五等分の花嫁∬」(アマプラ

ゆるキャン△(2期)」(アマプラ

ログ・ホライズン(3期)」

おとなの防具屋さん(2期)」(アマプラ

など続編・スピンオフがかなり強力なので、新作アニメの視聴は少なめになりそう(といいつつ初回は全部録画しそうだけど←)。

(追記)7SEEDS(2期)」は4月スタート(BSフジ)でした。


最近はamazonプライムビデオで配信になった作品は録画せずにそちらで視聴することが増えました。

月額500円でビデオ視聴だけでなく特典多数!

amazonプライムビデオ




◆アーヤと魔女

こちらは連アニではなく単発もの。ダイアナ・ウィン・ジョーンズによるファンタジー小説を原作としたスタジオジブリ初の全編3DCGアニメーション作品。企画は宮崎駿、監督は宮崎吾朗。
原作:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ「アーヤと魔女」
企画:宮崎駿
監督:宮崎吾朗
脚本:丹羽圭子、郡司絵美
制作:スタジオジブリ、NHKエンタープライズ
放送:2020年12月30日(水)19:30~/NHK総合




→過去の高評価殿堂入りアニメはこちらにまとめてあります。