2019年からつけている麻雀メモ。これまでを踏まえて今年の戦い方の指針を設けてみた。
といっても


「強浮き牌を手放さない!」

「積極的に聴牌を取って攻撃的に!」

「見合わない手から押さない!」

「親時は和了優先・対親時は失点を防ぐことが優先!」

「降りてるときは確実に降りきる!」


という5つだけ。なるだけ好形になる努力をして、聴牌したら好形時はもちろん、変化に乏しいときも基本は立直しようぜ!&守ると決めたら徹底的に守ろうぜ!ってこと。



★牌理・鳴き判断ミス

・守備的すぎて2枚枯れの1s残しでチートイツ聴牌逃し
→2枚差はでかい。他の牌に安全担保を探せ!

・守備的すぎて早い段階で4557の7を手放す
→完全な形が決まってないのにターツ候補を手放すな!

・チートイトイトイ手順、シャボの枯れ具合を見落として発進損ない
→3〜7の生牌からでも発進に気を取られて9m1枚切れ見落とし。トイトイの発進は2段めならどこからでもGO!

・出やすいトイトイ単騎9600?出にくい混一トイトイ12000?

・愚形含みの鳴き手 二枚目の嵌張4s鳴きそびれ
→愚形2つ以上の3900以上の手は中盤前から愚形は鳴く!

・ダブ東対子の10種12牌 国士以外のルートも?
→多い色を残しす&2枚切れの字牌を手放しホンイツルートも視野。和了れない国士より和了れる親マン

・白白白中北11m5s 312mr567チー
赤ドラあるので窮屈な混一より、5sのくっつきも見るべき

・567899 ドラが6なので条件がなければ振り返るために5

・5巡目一向聴23pのターツ落としにやや欲張って2から切った
→他家の河をみてその余裕があるか判断すべし!

・246899中中 ドラ9
→場況の良い嵌張3s気づかず

・2355r5m東東 1113344s
→トイトイめに気づかず。鳴いても満貫ルート。


★リーチ判断ミス

・東一局 24嵌張赤1先制リーチ打てず
→24、68嵌張は辺張とほぼ同価値。変化も少なくシャボ受けになっても28。先制なら100%リーチ優位

・段ラス 233445789s 456p 34m ドラ3なので単騎リーチしたが...
→他家の動きや色の濃淡は見たか?単騎になったら?ソーズの上でヘッド作り直しか?などの用意をしていなかった。

・打点の必要な東三局 667888ツモり三暗刻やイーペーコーに受けず
→打点が必要なときは眼の前の一役を逃さない。和了れなくてもいい。

・更に加点したい微差トップ東場親番、36sピンフドラ3リーチできず
→確かに親マンを和了りたいが、先制8巡目以前両面なら跳満をツモりに行く場面

・トップ目の東三局、役役の仕掛け(ホンイツ・トイトイ風味)に14mのピンフリーチ
→加点も欲しいがドラも見えてなく満貫、跳満があり相手も降りない。ダマだったか?


★守備・押し引きミス

・ドラ筋とドラまたぎ 筋には亜両面がある?
5pと6pの選択、ワンチャンスなのでと6pを切ったのはよかったが、上家の捨て牌を確認忘れていた。(結果は関係ない)
また34mのターツ落としが入っておりより良い待ちにしたor赤やドラを引いたと予想できた。

・変速リーチ 宣言3s 降りに回ったが後筋の1sでチートイ放銃
→ほぼ押し返せない手なのでもっと通る牌があったのでは?

・南(一枚切れ)5m(中筋)567899pから8pを切ったが...
→89pともに安牌。どちらかの単騎で形テン狙いなら、南のほうが勝負牌なので、9を切るべき


★着順・オーラスミス

・微差トップ目 ラス目からのリーチに降りて2着
→振っても2着のことが多いので全ツでも良かったか?(もっと点数状況を見ろ!)
さらに役無し形テンチャンス(東ポンや9sチー)を見逃した

・南2局南家 タンヤオの二向聴から36sをチー、その後2軒リーチに挟まれて親マン放銃
→微差とはいえトップ目、親の捨て牌に4sがあり、両面チーのタンヤオ一向聴は微妙?

・オーラス和了り二着。22378s45m456pに生牌の東。
→ワンチャンスとはいえ3sにほぼ価値はなく、ツモ切りもしくは打3s。(更にその前の2sポンで単騎待ちまで見る一手)
→ラス落ちまでないなら自分本位で!


★3月の総評

守備的すぎての聴牌逃しや和了損ない、トイトイの見逃しや発進損ない、愚形の発進損ない、愚形リーチ損ないなど攻守のバランスが悪く、失点や着順落ちを招いた。中途半端は駄目!


オススメの麻雀戦術本をまとめてます!




さて今月はどうなったかというと...