2018年秋にSIMフリースマホデビューして以来、モトローラ社のスマホを愛用しています。

今でも十分快適に使えてはいますが、5Gサービスも始まってジワジワ新機種についても気になってきました。

それに加えてわずか2〜3年でカメラの性能がグンと上がってくるので、3年くらいが買い替えどきかもしれません。

もちろん5G対応のスマホは他社からもこれからじゃんじゃん出てくるわけですが、モトローラ社製スマホ特有の「motoアクション」が便利すぎて、次買うときもモトローラにしたいなぁと思っています。

数あるmotoアクションの中でも特に

「手首をひねってQuick capture」
スマホをもった手首を素早く2回ひねるとカメラが起動。さらに2回ひねると自撮りモードに切り替わり。

「2回振り下ろしてフラッシュライトを操作」
スマートフォンを握って縦に2回シェイク。画面やボタンを操作せずともフラッシュライトが点灯。

この2つの機能が超絶便利!

食べ物なんかの物撮りも片手でカメラが起動できるし、就寝前や帰宅時の暗い廊下や玄関での明かり取りなど毎日のように使っています。

ということで現在購入できるモトローラ社のスマホを比較検討してみました!





★今買うならコレ!おすすめのモトローラ機種


モトローラ motorola moto g52j 5G SPECIAL
(41,800円)

モトローラ motorola moto g52j 5G


5G対応人気モデルがストレージを強化して新発売。メモリも8ḠB、5000万画素メインカメラ、おサイフケータイ、防水防塵、バッテリー5000mAhとまさにパーフェクトな1台。
主要スペック
販売:2023年11月
OS:Android12
CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 695 5G (2.2GHz x 2 + 1.8GHz x 6)
メモリ:8GB
ストレージ:256GB
外部メモリ:1TB
画面:約6.8インチFHD+ 2,460x1,080、20:9
アウトカメラ:約5,000万画素 + 800万画素 + 200万画素マクロ
インカメラ:1,300万画素
SIMタイプ:DSDV
バッテリー:5,000mAh
サイズ:約171.0mm x 76.8mm x 9.1mm(最薄部)
重量:206g
その他:5G、NFCおサイフケータイ(FeliCa対応)、防水防塵ip68



モトローラ motorola razr 40
(125,800円)

モトローラ motorola razr 40


折りたたみスマホを更にお安く!高リフレッシュレートのメイン画面でゲームもサクサク。おサイフケータイや防塵防水機能、5Gなども備える。
主要スペック
販売:2023年11月
OS:Android13.1
CPU:Snapdragon™ 7 Gen 1(2.4GHz x 1、2.36GHz x 3、1.8GHz x 4)
メモリ:8GB
ストレージ:256GB
外部メモリ:-
画面:メインディスプレイ:約6.9インチFHD+ (2640 x 1080)22:9
          アウトディスプレイ:約1.5インチOLED(194 x 368)2:1
アウトカメラ:約6,400万画素
インカメラ:約3,200万画素
SIMタイプ:nanoSIM/eSIM
バッテリー:4,200mAh
サイズ:約170.82mm x 73.95mm x 7.35mm(最薄部) 
(折りたたみ時 : 約88.24mm x 73.95mm x 15.8mm)
重量:188.6g
その他:5G、NFC、防水防塵IP52、Wi-Fi6、ワイヤレス充電




モトローラ motorola razr 40 ultra
(149,800円)

モトローラ motorola razr 40 ultra


発売と同時に即完売となった折りたたみスマホ「razr」の最新機種がリリース!
デザインや堅牢性を見直し、さらに機能的になっています。
画面やカメラ性能はもちろん、5G、NFC、ワイヤレス充電など最高機種の名に恥じない高スペック仕様です。
主要スペック
販売:2023年8月
OS:Android13
CPU:Snapdragon™ 8+ Gen 1 (3.2GHz x 1、2.75GHz x 3、2.0GHz x 4)
メモリ:8GB
ストレージ:256GB
外部メモリ:1TB
画面:メインディスプレイ:約6.9インチFHD+ (2640 x 1080)22:9
          アウトディスプレイ:約3.6インチ(1066 x 1056)1:1
アウトカメラ:約3,200万画素
インカメラ:約1,200万画素 (f/1.5) | OIS、約1,300万画素(f/2.2) | 超広角(108°)+マクロ
SIMタイプ:nanoSIM/eSIM
バッテリー:3,800mAh
サイズ:約170.83mm x 73.95mm x 6.99mm(最薄部)
             折りたたみ時 : 約88.42mm x 73.95mm x 15.1mm
重量:188g
その他:5G、NFC、防水防塵IP52、Wi-Fi6、ワイヤレス充電



モトローラ motorola edge 40
(64,800円)

モトローラ motorola edge 40


5G対応、防水防塵、メモリ8G、オートフォーカス・モバイルカメラ、長時間バッテリー駆動、ワイヤレス充電、軽量薄型と、モトローラユーザーの欲しい!が全部詰まった最新機種!
主要スペック
販売:2023年7月
OS:Android13
CPU:MediaTek Dimensity 8020(2.6GHz x 4、2.0GHz x 4)
メモリ:8GB
ストレージ:256GB
外部メモリ:1TB
画面:約6.55インチ 2,400x1080 (HD+)、20:9
アウトカメラ:約5,000万画素
インカメラ:3.200万画素
SIMタイプ:DSDV
バッテリー:4,400mAh
サイズ:158.4mm x 71.99mm x 7.49mm(最薄部※イクリプスブラックは7.58mm)
重量:167g
その他:5G、NFC、防水防塵IP68、Wi-Fi6、ワイヤレス充電



モトローラ moto g53j 5G
(34,800円)

Motorola moto g53j 5G


リーズナブルさと絞った機能で5Gエントリーモデルとして好評だったmoto 52jの後継モデルが登場。
機能はそのままに、軽く持ちやすくなっています。
主要スペック
販売:2023年6月
OS:Android13
CPU:Snapdragon® 480+ 5G (2.2GHz x 2、1.9GHz x 6)
メモリ:4GB
ストレージ:128GB
外部メモリ:1TB
画面:約6.55インチ 2,400x1080 (HD+)、20:9
アウトカメラ:約5,000万画素
インカメラ:800万画素
SIMタイプ:DSDV
バッテリー:5,000mAh
サイズ:約162.7mm x 74.66mm x 8.19mm(最薄部)
重量:183g
その他:5G、NFCおサイフケータイ(FeliCa対応)、防水IP52



モトローラ moto g13
(22,800円)

moto g13  Motorola モトローラ


moto gシリーズのエントリータイプ。5G非対応ですが、安く済ませたいという人に最適のモデルです。
主要スペック
販売:2023年4月末
OS:Android13
CPU:MediaTek Helio G85 オクタコア (2.0GHz x 2+ 1.8GHz x 6)
メモリ:4GB
ストレージ:128GB
外部メモリ:1TB
画面:約6.5インチ 1,600x720 (HD+)、20:9
アウトカメラ:約5,000万画素 + 200万画素 + 200万画素マクロ
インカメラ:800万画素
SIMタイプ:DSDV
バッテリー:5,000mAh
サイズ:162.7mm x 74.66mm x 8.19mm(最薄部)
重量:184g
その他:NFC、防水ip52



モトローラ motorola edge 30 pro
(89,800円)

モトローラ motorola edge 30 pro


プロセッサーに「Snapdragon 8 Gen 1」を採用したモデル。20:9の6.7型フルHD+有機EL。ゴリゴリのゲームプレイにも耐えうる高コスパスマホです。

メモリ8GB、ストレージ128Gのダウンスペックモデルもあるけど価格差もないので、買うならメモリ12GB、ストレージ256Gモデルがオススメ。
主要スペック
販売:2022年6月
OS:Android12
CPU:Qualcomm Snapdragon 8Gen 1 Mobile Platform オクタコア
メモリ:12GB
ストレージ:256GB
外部メモリ:-
画面:約6.7インチ 2,400x1,080 (FHD+) 20:9有機EL
アウトカメラ:約5,000万画素メイン + 約5,000万画素 超広角マクロ + 約200万画素深度センサー
インカメラ:6,000万画素
SIMタイプ:DSDV
バッテリー:5,000mAh
サイズ:163.06mm x 75.95mm x 8.79mm(最薄部)
重量:196g
その他:NFCおサイフケータイ、Wi-Fi6、Bluetooth5.2



モトローラ moto e32s
(21,800円)

モトローラ moto e32s


22年夏新発売のエントリーモデル。2万円強の高コスパで防水防塵(IP52)&おサイフケータイ付き。最低限の機能があれば十分という人にとっては最適!
主要スペック
販売:2022年7月
OS:Android12
CPU:MediaTek Helio G37 オクタコア
メモリ:4GB
ストレージ:64GB
外部メモリ:microSD(1TB)
画面:約6.5インチ 1,600x720 (HD+) 20:9
アウトカメラ:約1,600万画素メイン + 約200万画素 広角マクロ + 約200万画素深度センサー
インカメラ:約800万画素
SIMタイプ:DSDV
バッテリー:5,000mAh
サイズ:164.0mm x 74.9mm x 8.5mm(最薄部)
重量:185g
その他:NFCおサイフケータイ、防水IP52




2018年秋にsimフリースマホデビューをして以来、モトローラ社のスマホを愛用しています。

ちなみに今使っているmoto X4の主要スペックは以下。

販売 : 2017秋モデル
OS:  Android7.1→9まで更新済み
CPU : Snapdragon 630 オクタコア
メモリ : 4GB
ストレージ:64GB
外部メモリ : microSD
画面:5.2インチIPSディスプレイ
カメラ : 1200万+800万|1600万
バッテリ : 3200mAh
サイズ : 147.4mm x73.4mm x7.99mm
重さ:163g


こちらがmoto X4購入時のレポです!
DSDS&SIMフリースマホ「moto X4」開封の儀!




今でも十分快適に使えてはいますが、2021年から5Gサービスが始まってジワジワ新機種についても気になってきました。

それに加えてわずか2〜3年でカメラの性能がグンと上がってくるので、3年くらいが買い替えどきかもしれません。

もちろん5G対応のスマホは他社からもこれからじゃんじゃん出てくるわけですが、モトローラ社製スマホ特有の「motoアクション」が便利すぎて、次買うときもモトローラにしたいなぁと思っています。

数あるmotoアクションの中でも特に

「手首をひねってQuick capture」
スマホをもった手首を素早く2回ひねるとカメラが起動。さらに2回ひねると自撮りモードに切り替わり。

「2回振り下ろしてフラッシュライトを操作」
スマートフォンを握って縦に2回シェイク。画面やボタンを操作せずともフラッシュライトが点灯。

この2つの機能が超絶便利!食べ物なんかの物撮りも片手でカメラが起動できるし、就寝前や帰宅時の暗い廊下や玄関での明かり取りなど毎日のように使っています。

SIMフリースマホデビューや買い替えを考えている方は、是非モトローラ社のスマホを検討してみてください!