2019年からつけている麻雀メモ。これまでを踏まえて今年の戦い方の指針を設けてみた。
といっても


「強浮き牌を手放さない!」

「積極的に聴牌を取って攻撃的に!」

「見合わない手から押さない!」

「親時は和了優先・対親時は失点を防ぐことが優先!」

「降りてるときは確実に降りきる!」


という5つだけ。なるだけ好形になる努力をして、聴牌したら好形時はもちろん、変化に乏しいときも基本は立直しようぜ!&守ると決めたら徹底的に守ろうぜ!ってこと。

さて今月はどうなったかというと...


★牌理・鳴き判断ミス

・和了りトップ イーシャンテン選択 13p57m選択
→最終の待ちにも影響するので5mか?どっちも鳴くなら鳴きやすく和了りやすい方を残す

★リーチ判断ミス

・親リーチを受けて現物の36m待ちリーチ
→殆どのケースでリーチが得だが、手牌読み的に3m残り0、6m残り2〜3なので数順ダマでも良かったかもしれない。

・5567sの亜両面、見た目5枚残りリーチできず
→競っている相手の親番とはいえ大きく突き放しチャンス


★守備・押し引きミス

・タンヤオ親番の勝負手。ソーズ仕掛けにどうせ切る9sを一旦置いて3900放銃
→テンパイまで切らない or 勝負手だから切り遅れないのチャンネルを持つ

★着順・オーラスミス

・オーラス2000オールツモトップの親番、1枚見えシャボと0枚見え嵌張で嵌張リーチしたが...
→2p8sのシャボなので出和了裏1でもトップ。乗らなくても2着or連荘の選択あり。

・オーラス満貫ツモでも耐えるトップ目
安く見せるためのr56mの赤5を黒5と入れ替えたほうが良かったか?
→2着目からのリーチ、赤5と赤ドラを持っているので、一旦当たりにくいところを切っても良かったか?
そもそもほぼ安全圏からの喰い断仕掛けは1副露までか?


★4月の総評

全体的にミス(が露呈するパターン)の少ない月でした。
その中でもリーチ判断や鳴き判断にミスがあり、この辺は微調整が必要と感じました。


オススメの麻雀戦術本をまとめてます!