2019年からつけている麻雀メモ。これまでを踏まえて今年の戦い方の指針を設けてみた。
といっても


「強浮き牌を手放さない!」

「積極的に聴牌を取って攻撃的に!」

「変化の乏しい聴牌はリーチ!」

「見合わない手から押さない!」

「親時は和了優先・対親時は失点を防ぐことが優先!」

「降りてるときは確実に降りきる!」


という6つだけ。なるだけ好形になる努力をして、聴牌したら好形時はもちろん、変化に乏しいときも基本は立直しようぜ!&守ると決めたら徹底的に守ろうぜ!ってこと。

さて今月はどうなったかというと...


オススメの麻雀戦術本をまとめてます!



★牌理・鳴き判断ミス

・11s東東の二向聴に二枚目の発を持ってきて一旦抑える、その後重なり1sの対子落としをしたが、そもそも発が自河でフリテン
→完全なケアレスミス

・34567s77p3477789m
→ピンフを見て7mを続けたが、タンヤオ確定の9m8mのほうが優秀。
もしソウズが23456だったりマンズが23mならリーチのみ拒否の7m

・xxx yyy zz 南南 468mの南ポンテン?
→一枚目スルーもありだが、トイトイを見た場合愚形テンパイを取りつつの移行もある

・南南1134m455s56789p ドラ1mを見落として対子落とし
→ケアレスミス!
→鳴き前提なのでピンズを払う

・4445r578s2256678m ドラ6m
→5s6s2枚飛び、2m9s1枚飛び 牌効率的には5s?
→タンヤオ、47mチーテンを考えると8sか?チートイ目も残る


★リーチ判断ミス



★守備・押し引きミス

・跳満クラスの完全イーシャンテン 2軒リーチとはいえ4p押せたか?
→ドラヘッドタンピンの完全イーシャンテン。勇気がなかった。

・仕掛けとリーチ 12233の安牌選択
→2が2枚場にあるのでペン3ピンがない=2pと3pの選択は3p


★着順・オーラスミス

・オーラストップ目。少し和了りの遠い手牌で下家に赤を鳴かせた
→競っている相手の条件を楽にするな!

・和了りトップ23444m北北のバック、親から6m切りリーチが来て即2mを引いたが...
→その後の5m引きを見て打2m、聴牌流局でもトップ。リーチイコール役なしであることも想定から外れていた


★今月の総評

8月は打数もやや少ない上に、そこそこ好調だったのもあり、目立ったミスの少ない月だった。若干引き気味かとも思うが...


オススメの麻雀戦術本をまとめてます!