2019年からつけている麻雀メモ。これまでを踏まえて今年の戦い方の指針を設けてみた。
といっても


「強浮き牌を手放さない!」

「積極的に聴牌を取って攻撃的に!」

「変化の乏しい聴牌はリーチ!」

「見合わない手から押さない!」

「親時は和了優先・対親時は失点を防ぐことが優先!」

「降りてるときは確実に降りきる!」


という6つだけ。なるだけ好形になる努力をして、聴牌したら好形時はもちろん、変化に乏しいときも基本は立直しようぜ!&守ると決めたら徹底的に守ろうぜ!ってこと。

さて今月はどうなったかというと...


★牌理・鳴き判断ミス

・134566778p 白西 発ポン(ドラ3p)から打1p
→12pがかなり飛んでるが、47pでもテンパイするので数牌を残せ
 134567 678に分けて見ると1p、258pに加えて47pテンパイを逃す&2pチーの際のノベタンもある
 2pの飛び具合からも1pの安全度は生牌の白西よりも上
→打点や受け入れ&待ちの増える攻撃的な牌は残せ!

・35557発発 ポンポン 上家の6sを鳴くか?
→ソーズは何を引いてもテンパイ スルー優位

・2334689s東東xxxx ドラ4sから東ポン
→ペン7sがネックなのもありホンイツの満貫ルートだが1鳴きはどうか?

・ハネマン必要な場面 純チャン三色なのに113pの1pを長く持ちすぎて放銃
→更に言うと下家の手出し2pをきちんと見ていれば1p単騎からの待ち変えで和了もあった。
→鳴き手の手出しは見逃すな!

・23457m5566s6788pの6mチー
→頭が膿んでいるとしか思えない

・345r56m22p345677sドラ6sから345sチーテン
→r5s以外はソーズは三段目まで鳴かない!

・二枚目の南を見逃し
→ケアレスミスがすぎる

・12345678m335s245p 下家の河が速く2pは通るが... 
→345変化はあるが一通ドラ1あるので遊び牌は手放す

・和了りトップ 1234556m334556sツモ2m何切る?
→鳴ける分1m?2234556mだと36m(6枚分)減るかわりに2m3s(4枚分ポンも可)が増える。ちなみに打点重視なら打1m

・12r5566899s46m字牌字牌 ドラ7s
→嵌張からの鳴きなどや5sポンなども見て8sを簡単に手放さない


★リーチ判断ミス

・2233344p23456s66m 親のホンイツに押しにくく6m対子落とししたが...
→南二局3着目、満貫を積もると飛ばしトップ。放銃のリスクはあるが、勝負に出るべき局面

・中中567sr5678m23467p 何故か頭落とし
→高め満貫なら即リーチせよ!

・オーラス親番 親マンで和了りトップの3着目 345p345789s12234m ドラ4mリーチとしたが...
→2m一枚見えておりまず出ない&高め満貫の5mの方がダマで出るかも?


★守備・押し引きミス

・ラス目の親がピンズホンイツ2副露、233344pで生牌の初をノールック自摸切り
→前に出るなら3p→発の順。前に出ないのであれば発すら切るな!

・親リーチ、役無しカンチャンテンパイ 筋カウントせず9sで放銃
→親の皮も強く9sプッシュによる放銃自体はさほど悪くないが、その前の北と8pの対子落とし選択で完全安パイの8pにしたがその後の変化や役あり(タンヤオ)も含め北だった。

・ラス目のリーチに上家が6pを押したのを見逃し安牌と思い込んだ北で跳満放銃
→リーチ者に押しているものもケアせよ!

・チーテン打7s 中筋だが4sもある
→打点や手役もじっくり考えてから対応せよ
→鳴き手の手出しは全部見ろ!

・親番、下家のドラ色萬子染め。1枚見えの8mはキー牌である可能性が高い
→自手のブロックや好形度、打点などから切り時を考えたか?

・親リーチに降り、1枚押した対面の安牌9mを先に放し8mでマンガン放銃
→撤退と粘り込みの見極め

・66789m6p3r5566779s対リーチ
→イーペーコー確定のくっつきイーシャンテン。9sくらい切れ!

・11255p1234r5789s6m
→上家がマンズ染仕掛けとはいえ1副露めなので、受け入れは狭いがいっぱいいっぱいの打6m!ピンフや一通が絡むと満貫跳満も見える


★着順・オーラスミス

・オーラストップ目 マンツも圏外から親に2900放銃→2着目マンツモでまくられ
→テンパっていたが引かされた危険牌の吟味をしなかった
→マンツモ圏外と圏外には雲泥の差がある!

・オーラスダントツのいる2着取り合戦の親番 ピンフテンパイ
→ピンフのみだが一発や裏ドラ、ツモなどで2位確定する!即リーチ!


★9月の総評



オススメの麻雀戦術本をまとめてます!