2019年からつけている麻雀メモ。これまでを踏まえて今年の戦い方の指針を設けてみた。
といっても


「強浮き牌を手放さない!」

「積極的に聴牌を取って攻撃的に!」

「変化の乏しい聴牌はリーチ!」

「見合わない手から押さない!」

「親時は和了優先・対親時は失点を防ぐことが優先!」

「降りてるときは確実に降りきる!」


という6つだけ。なるだけ好形になる努力をして、聴牌したら好形時はもちろん、変化に乏しいときも基本は立直しようぜ!&守ると決めたら徹底的に守ろうぜ!ってこと。

さて今月はどうなったかというと...
(多忙につきゲーム数が少ないので10月11月まとめてます)


オススメの麻雀戦術本をまとめてます!



★牌理・鳴き判断ミス

・西家 西西4r5s223447899pドラ2p 上家からドラが出て鳴く?ポン?チー?
→西バック進行だが、チーして9p 4pにくっついたらソーズ落としでホンイツ移行
ポンすると344789pとなりヘッドは4pほぼホンイツには渡れない
チーだと224789pとなりぎりホンイツの渡りがある

・7788s2344555677m何切る?
→順目も中盤に差し掛かっているので7mを切って69s二度受け&78sシャボリーチも辞さず

・78m白白4556p(5pは安牌)からの白ポンテンパイ取れず ラス目に満貫和了られラス
→順目と手牌価値、安牌を念頭に入れておく!

・場況の良いかつ安全な単騎選択ミス
→単騎聴牌時に良さげな待ち頃の牌をイメージしておく


★リーチ判断ミス



★守備・押し引きミス

・中中中123468m44478p8s対親リーチ何切る?ドラ6m
→48m8pは通っている、リーチ宣言牌赤5sなのでソーズは大体押し。r56m跨ぎのみ撤退か?

・リーチに対して降り 親の押しを気にして現物を抜けず放銃 ダントツ目から接戦に転落
→降りたのなら聴牌復帰は目指さない!

・ラス争い、配牌から引き気味に打ってリーチに降り、親の手出しを一巡見逃して満貫放銃
→降りてるときこそ手出しを見逃さない!

・4557m777p34567s南南 対子落とし中にリーチ
→7p(安牌)落として回ったが、和了りをギリギリまで見れば南は切っても良かった

・二件リーチ(親含む)のマンズターツ3477sの3900聴牌にツモ7s(3647無筋)
→マンズが全て通っており両面聴牌のまま全ツでよかったか?

・東一局親50000点上下13000、12000の2着目。親のホンイツ仕掛けをケアしすぎて下家のタンヤオ仕掛けをケアしそびれて中筋の5mで8000放銃
→下家の打点を数えそびれ、副露のドラや赤の数など

・親が123sチー、2234pの2を早めに手放せなかったか?
→役候補が三色、チャンタ、役牌、ホンイツ。一巡ごとに絞り込めばもっと早く手放せた。

・安全な牌と不要かつ安全とは言い切れない数牌を入れ替えずに次順リーチ
→このミスは2度あった。


★着順・オーラスミス



★今月の総評

10月は何切る何鳴く系のミスと、完全撤退中の見落とし放銃のミスが目立った。

11月は安牌の持ち替えなどの凡ミスが目立った。


オススメの麻雀戦術本をまとめてます!



今話題のMリーグが見逃し含めて全部観れる!
ABEMAプレミアム
無料体験
⇩⇩⇩