2019年からつけている麻雀メモ。これまでを踏まえて今年の戦い方の指針を設けてみた。
といっても


「強浮き牌を手放さない!」

「積極的に聴牌を取って攻撃的に!」

「変化の乏しい聴牌はリーチ!」

「見合わない手から押さない!」

「親時は和了優先・対親時は失点を防ぐことが優先!」

「降りてるときは確実に降りきる!」

「中盤以降は不要な牌は持たない!」

「仕掛け手で降りきれないときは覚悟を決める!」


という8つだけ。なるだけ好形になる努力をして、聴牌したら好形時はもちろん、変化に乏しいときも基本は立直しようぜ!&守ると決めたら徹底的に守ろうぜ!ってこと。

さて今月はどうなったかというと...


オススメの麻雀戦術本をまとめてます!



★牌理ミス

トイトイ仕掛け 中張牌のドラは要らない
→重なっても和了りづらい。5200点〜なら和了りやすい端牌や字牌を重ねよう。

・ホンイツ仕掛け 別色の中張牌ドラは要らない
→重なってドラシャボは和了りづらい。押し返しとも戦えるように!

トイトイやホンイツは、攻撃と守備のバランスを重視!

・対索子仕掛け。4ターツ&344s
→索子待ちは和了りにくい。ヘッドに固定の打3sで早めに処理しよう

・3900でトップの2着目オーラス 567m 56p 577999s 発発 ツモ8sドラ4p 
→発は早々に枯れており、三色とイーペーコーを見て打9s

・東東東北北北789m24677s 何切る?
→後の変化も見て普通に2を切るべき。6を切るならリーチもあり。


★鳴き判断ミス

・役役トイトイ(チートイツイーシャンテン)だが、残りが全て鳴きにくい5
→1枚目の役牌はスルー?


★リーチ判断ミス

・押し気味の親に日和ってピンフドラ一曲げられず
先制両面はノータイムでリーチ!

・二巡目 中ドラ1 辺張聴牌 (12688p)
→6pにくっついて嬉しいのは5pと8pくらい。残りが順子か刻子でも判断は変わるがほぼほぼ即リーチが得

・混一の25待ちだが早い順目に2が3枚切れ
→対面が1を切ってきた=トイツ落としでは?

・ラス親 ドラ東 34p5566s455788m東東
→中盤であればチートイツも見て受けのかぶる4m(7m)とすべきか?


★守備・押し引きミス

・大幅に筋の通ったリーチにドラまたぎの47mで放銃
→終盤で自分の和了り率も下がっており、聴牌でも引き気味が正解

・2件リーチにドラまたぎの36sで放銃
→自手が良くてもノーテンから無スジドラまたぎは押しすぎ!聴牌でもこれだけは降りるという牌は我慢せよ!

・ラス前のトップ目 2着のソウズ仕掛け7sポン 発ポン 手出し6s
→切り遅れの3sは我慢!
→上家の2sに反応がないため、待ちの最有力は嵌張3s、44sと何かのシャンポン、赤5s含み(4-7s)
→トップ目なので直撃が最悪。ギリギリまで切るべきではない。

・親リーチにベタオリして手詰まり ドラ表示牌の発か?スジ&ワンチャンスの7mか?
→単騎かシャボの発が正解。数牌は嵌張、辺張もある

・どちらも中スジとなり通りそうな4455どちらを落とす?
→リーチ前は286と切ってあり宣言牌は6p
5がシャボ当たる場合・・・556から6切り
4がシャボで当たる場合・・・446から6切り
4の方が自然


★着順・オーラスミス

・オーラス3着目 テンパイノーテンでラス目からリーチ。聴牌から降りた
→降りても流局でラス落ち。脳死で押せ!

・オーラス親、トップ目からリーチ棒が出て4000オールで逆転条件 3-6sノベタンタンヤオダマ
→手変わり待ちでダマにしていたが、リーチをされたのなら追いかけよ!


★今月の総評



オススメの麻雀戦術本をまとめてます!



今話題のMリーグが見逃し含めて全部観れる!
ABEMAプレミアム
無料体験
⇩⇩⇩