(2024.2.20更新)
ロサンゼルス・ドジャースのアクティブロースター(ベンチ入り26人枠)、40人枠ロースターを把握するために自分用に書いています。

選手名の右側の数字はオプション(optiond)、☆はサービスタイム3年未満、※は3年〜5年未満。

10日・15日故障者リストは、投手・二刀流(15day IL)、野手(10day IL)です。
9/1〜はアクティブロースター枠が28人となります。


■アクティブ・ロースター(26人)

・二刀流(1人)
17 大谷翔平

・投手(13人)
18 山本由伸 右 n/a☆
31 タイラー・グラスノー 右
28 ボビー・ミラー 右 1☆
65 ジェームズ・パクストン 左
80 エメット・シーハン 右 2☆

59 エバン・フィリップス 右 0※
48 ブルスダー・グラテロル 右 2※
99 ジョー・ケリー 右
57 ライアン・ブレイジア 右
51 アレックス・ベシア 左 1※
49 ブレイク・トレイネン 右
45 J.P.ファイアライゼン 右 2※
56 ライアン・ヤーブロー 左

・野手(12人)
16 ウィル・スミス(右打 C)2※
15 オースティン・バーンズ(右打 C 2B 3B)

5 フレディ・フリーマン(左打 1B)
13 マックス・マンシー(左打 3B)
9 ギャビン・ラックス(左打 2B SS)2※
11 ミゲル・ロハス(右打 SS 3B 2B)
50 ムーキー・ベッツ(右打 2B OF SS)

33 ジェームズ・アウトマン(左打 OF)2☆
3 クリス・テイラー(右打 OF SS 3B 2B)
23 ジェイソン・ヘイワード(左打 OF 1B)
25 マニュエル・マーゴット(右打 OF)
37 テオスカー・ヘルナンデス(右打 OF)


■アクティブ外ロースター:40人枠

・投手(7人)
78 マイケル・グローブ 右 2☆
71 ギャビン・ストーン 右 2☆
96 ランドン・ナック 右 3☆
63 カイル・ハート 右 3☆
58 ガス・バーランド 右 3☆
61 リッキー・バナスコ 右 1☆
--- マット・ゲージ 左 1☆

・野手(4人)
76 ディエゴ・カルタヤ(右打 C)2☆
67 ハンター・フェデュシア(左打 C)3☆
27 ミゲル・バルガス(右打 2B OF)1☆
84 アンディ・ページズ(右打 OF)2☆


■故障者リスト

・投手(15日3人|60日2人)
21 ウォーカー・ビューラ 右('22/8 トミージョン手術)
79 ニック・フラッソー 右 3☆('23/11 右肩手術)
22 クレイトン・カーショウ 左('23/11 左肩手術)

85 ダスティン・メイ 右 3※ 2/8 60日('23/7月 右屈筋腱手術)
26 トニー・ゴンソリン 右 1※ 2/9 60日('23/9 トミージョン手術)


■40人ロスター外

・投手


・野手


■2023シーズンオフFA選手

・投手
ジェイソン・ヘイワード→LAD 1year
ジョー・ケリー →LAD 1year
ダニエル・ハドソン→LAD マイナー
シェルビー・ミラー →DET 1year
ランス・リン →STL 1year

クレイトン・カーショウ →LAD 1year
フリオ・ウリアス wiki
アレックス・レイエス wiki
ジミー・ネルソン wiki

・野手
ジェイク・マリスニック →LAA マイナー
デビッド・ペラルタ →CHC マイナー

J.D.マルティネス wiki
アーメッド・ロザリオ wiki
コルテン・ウォン wiki
エンリケ・ヘルナンデス wiki


■2024シーズン中の主なトレード・移籍



■直近のトランザクション
※日付は現地時間

2/9
・SP Tony Gonsolin placed on 60-Day IL

2/8
・SP Dustin May placed on 60-Day IL
・INF/OF Chris Owings agreed to Minor League contract (2024)

2/6
・SP Clayton Kershaw agreed to one-year contract (2024)

2/5
・SP Christian Zazueta acquired from Yankees
・RP Caleb Ferguson traded to Yankees
・RP Matt Gage acquired from Yankees
・RP Ryan Brasier agreed to two-year contract (2024-25)

2/3
・RP Dinelson Lamet agreed to Minor League contract (2024)

1/23
・SP James Paxton agreed to one-year contract (2024)

1/17
・RP Jesse Hahn agreed to Minor League contract (2024)

1/16
・RP Stephen Gonsalves agreed to Minor League contract (2024)

1/11
・OF Zyhir Hope acquired from Cubs
・SP Jackson Ferris acquired from Cubs
・INF Michael Busch traded to Cubs
・RP Yency Almonte traded to Cubs

1/7
・OF Teoscar Hernandez agreed to one-year contract (2024)
・SP Justin Chambers acquired from Brewers
・RP Bryan M. Hudson traded to Brewers

※オプション、MLSについては、ファングラフス社のHPを参考にしています。







ABEMAならどこでもMLB観戦!
ABEMAプレミアム
無料体験
⇩⇩⇩



ドジャース大谷翔平を徹底解剖! MLBを100倍楽しむ本 2024年版


大谷本や大谷グッズ!アマゾンで「大谷翔平」を検索する




■ロースターとは?

MLBの支配下選手枠は40人で、この支配下選手のことを一般的にロースターと呼びます。

選手を試合に出場させるには、さらにその中の26人枠「アクティブ・ロースター」に登録する必要があります。

ちなみに26人の内訳は投手枠・野手枠それぞれ13人までです。

40人ロースターの選手をアクティブ外の14人に置くことをoption(オプション)と呼びます。

オプションされた残り14人は、3A(ソルトレーク・ビーズ)や2A(ロケットシティ・トラッシュパンダズ)などのマイナーでプレーすることになります。

また負傷者リスト(10日・15日)へ登録することで、一時的に26人枠を空けることもできます。

この他に、以下のリストでも一時的に26人枠を入れ替えることができます。

・忌引きリスト(Bereavement List)3〜7日間
・家族救急リスト (Family Medical Emergency List)3〜7日間
・父性リスト(Paternity List)24〜72時間
・短期故障者リスト(脳震盪リスト Concussion List)〜7日間

また、40人枠外の選手をロースターに入れるためには、誰かを枠外に出さないといけません。

その際には、40人枠内の選手にDFA等の措置をして40人枠から外すことになります。

また、負傷者リスト(60日)や制限リスト(Restricted List)へ登録することでも、40人枠を一時的に空けることができます。


■オプションとは?

メジャー初登録から3シーズン以下の選手には、シーズン中にメジャーとマイナーを、リスクなく行き来することができる「マイナー・オプション」が与えられます。

オプションできる選手はシーズン中に5往復させられるので、チームにとっても流動性があり、降格させやすい反面、選手にとっては再昇格しやすいと言えます。

一方でオプションがない選手は、マイナー降格を拒否することができます。

どうしてもオプションのない選手を降格させて、26人枠を球団側が入れ替えたいときには、DFA(ウェーバー含む)を行う必要があり、その場合は40人枠からも外すことになります。


■DFAとは?

designated for assignmentの略で、40人枠を空けるために行います。
あくまでも別の選手を40人枠に入れるための措置で、日本で言うところの「戦力外通告」とは違うものです。

オプションのない選手やマイナー降格拒否権を持つ選手をアクティブ・ロースターから外す際にもDFAを行うことがあります。

DFAとなった選手はウェーバー公示にかけられます。(その前にトレードが成立する可能性もあります)

獲得希望球団がなかった場合は、(1) マイナー契約を受け入れて球団に残るか、(2) マイナーを拒否しFAとなることができます。

DFAを行うと選手を他球団に獲られたり、チームをさられたりするリスクが生じます。


■ウェーバー公示とは?

チームが所属選手の保有権を放棄する際に、事前にその旨を公表すること。
その選手の獲得を希望(claim:クレーム)するチームがあれば、公示期間中に一定の手続きを済ませることで、選手の移籍が成立します。

DFAの際には、ほぼウェーバ公示が行われますが、DFAをしなくてもウェーバー公示は可能です。

DFAあり・・・まず40人枠を空けてから獲得球団を募る
DFAなし・・・現状のまま獲得球団を募る


■サービスタイムとは?

キャリア通算で、各選手がレギュラーシーズン期間中にMLBのアクティブ・ロースターに登録されていた日数を「メジャーリーグ・サービスタイム」(MLS)と呼びます。

特に3年と5年、そして6年で選手にとって有利な権利が取得できるので、昇降格やトレードにおいて、重要な数値となります。

3年〜・・・年俸調停権、(DFAなどに伴う)マイナー契約拒否権
5年〜・・・マイナー降格拒否権
6年〜・・・FA権
10年〜・・・トレード拒否権 


■セプテンバー・コールアップとは?

9月1日以降のレギュラーシーズン中はアクティブ・ロースターの枠が28人に拡大され、これを「セプテンバー・コールアップ」と呼びます。

その際、投手枠13人→14人、野手枠13人→14人とそれぞれ上限が一人ずつ増えます。

ポストシーズンゲームでプレーするには原則として8月31日時点で当該チームの40人枠内に入っていることが必須です。
※オプション、MLSについては、ファングラフス社のHPを参考にしています。






ABEMAならどこでもMLB観戦!
ABEMAプレミアム
無料体験
⇩⇩⇩



ドジャース大谷翔平を徹底解剖! MLBを100倍楽しむ本 2024年版


大谷本や大谷グッズ!アマゾンで「大谷翔平」を検索する